サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 有名であることで 稼げるビジネス【2】/海外のお騒がせ【インフルエンサー列伝】
第1特集
有名であることで 稼げるビジネス【2】

日本のおバカYouTuberがかわいく見えちゃう?――海外のお騒がせインフルエンサー列伝

+お気に入りに追加

――前記事で言及したインフルエンサー以外にも、世間を騒がせているSNS世代の有名人6名を紹介!
(※フォロワー数は4月8日現在)

日本のおバカYouTuberがかわいく見えちゃう?――海外のお騒がせインフルエンサー列伝の画像1

●全米を震撼させた裏口入学
オリヴィア・ジェイド(米国)
フォロワー数:インスタグラム/約140万人
YouTube/約190万人

今年の3月、不正な手段で子どもを一流大学に入学させていたとして『フルハウス』に出演していたロリ・ロックリンが逮捕されたが、その愛娘で現在19歳のオリヴィア・ジェイドはインフルエンサー。入学当初「大学に入ったらスポーツの試合を見に行ったり、遊んだりしたい。勉強はあんまり興味がない」と、語る動画を投稿したことで炎上したが、裏口入学が発覚したのでまた炎上。

日本のおバカYouTuberがかわいく見えちゃう?――海外のお騒がせインフルエンサー列伝の画像2

●昔の人種差別動画のせいでピンチ
ピューディパイ(スウェーデン)
フォロワー数:インスタグラム/約1600万人
YouTube/約9200万人

YouTubeのチャンネル登録者数世界第2位のゲーム実況者。その影響力は絶大で、17年に反ユダヤ主義的な動画を投稿したことで「YouTube Red」(当時)の配信をキャンセルさせられるも、新たな広告主がすぐに見つかったほど。しかし、ニュージーランドのモスク襲撃事件の犯人がピューディパイのチャンネル登録を勧めていたため、現在「奴のYouTubeチャンネルを削除しろ」と、署名運動が行われている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号