サイゾーpremium  > 連載  > 【遠山茜子】No.1ギャルと呼ばれる苦悩
連載
チラリと見える和モノ写真進化考

【遠山茜子】「裸祭りが地元の誇り!」No.1ギャルと呼ばれる苦悩

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1904_190220_cyzo_0811_RE_520.jpg
(写真/オノツツム)

 やっと暖かくなってきたこの時期、洗濯物にツツミカクサレたのは、遠山茜子ちゃん。“No・1ギャルモデル”と呼ばれる通り、日焼けした肌とのコントラストがまぶしかったです。

「でも私、それほどギャルじゃないんですよ! だって本物のギャルって、つけまつげを300本とかつけるんですけど、私はいつも140本だし!」

 十分ギャルな気がします……。

1904_190220_cyzo_0627_RE_520.jpg
(写真/オノツツム)

「確かに高校生のときから、『学校で一番のギャル』って言われてました(笑)。ほかのクラスで私よりスカートの丈が短い子がいたら、『負けたくない』って思って、次の日はもっと短くしてたんで、メンタルはギャルだったかもしれないですね」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号