サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > King&Prince・岩橋玄樹、パニック障害からの“早すぎる復帰”は大丈夫?
1902_kingandprince.jpg『King & Prince First Concert Tour 2018(通常盤)[DVD]』(Johnnys' Universe)

 昨年11月初旬から活動を休止し、パニック障害の治療に専念していたジャニーズ事務所の6人組・King&Prince(キンプリ)の岩橋玄樹が、3月20日発売の新曲「君を待ってる」から活動を再開することが17日、所属のジャニーズ事務所から発表されたことを、各スポーツ紙が報じている。

 各紙によると、岩橋は当面は「一部再開」とし、段階的に活動を始めていくのだとか。ジャニーズは今回の制限付きの復帰について、「緩やかに活動を再開させることが岩橋の場合には最適ではないかとの見解を医師よりいただきましたため」と説明。

 今後も治療は継続しながら完全復活を目指すという岩橋。「今回の休養と一部活動再開において、メンバーの理解を欠かすことはできません。僕がいつでも戻れるように、いつもその場に僕がいるつもりで活動してくれている5人は感謝の気持ちでいっぱい。思いに応えるためにも、必ずパニック障害を克服して戻ってきます」とコメントを発表したという。

「キンプリは昨年5月に『シンデレラガール』でCDデビューし同曲が大ヒット。一気に人気グループの仲間入りを果たした。その勢いですっかり複数の先輩グループの人気を抜き去ってしまい今年が勝負どころ。話題性を高めるためにも、今年はどうやって岩橋が完全復帰するのかをグループとしてのPRポイントに決めたのでは」(音楽業界関係者)

 岩橋は一部再開とはいえ、約3カ月での復帰。同じジャニーズ事務所では昨年11月末にSexy Zoneの松島聡が岩橋と同じパニック障害のため一定期間療養することを発表していた。

「キンプリのメンバーであることは大きなプレッシャーのはず。復帰はしたものの、症状が悪化しなければいいのだが……」(芸能記者)

 ファンのためにも慎重に治療してほしいものだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載