サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 衆参ダブル選前に【創価学会】で不協和音
ニュース
創価学会に異変アリ

自民党集票装置に異変――衆参ダブル選前に創価学会で不協和音

+お気に入りに追加

松井・橋下会談で露呈した不協和音

今年夏に予定されている参議院選。永田町関係者や一部メディアでは、不祥事が続く自民党の惨状を鑑みて、衆議院解散、ダブル選の可能性があると見る向きがある。2月上旬現在、安倍首相は否定をしている一方で、与党水面下では、自民党集票装置としての創価学会で内紛が起こっているという。

1903_soukagakkai_200.jpg
『公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152』(東洋経済新報社)

「参院選が非常に厳しい状況になった場合、突破する手立てはありますよ」

 自民党の甘利明選対委員長は1月に入るや否や、こんな号砲を鳴らした。政権スキャンダルが相次ぎ、戦況不利といわれるこの夏の参院選を有利に運ぶため、衆院解散・総選挙を同時に行う“衆参ダブル選”の可能性を公言したのだ。

 与党の自民・公明両党の勢力が強い衆院が選挙に加われば、地盤の弱い参院の選挙運動もカバーできるという戦略。ここで説明するまでもなく、過去に自民党政権が危ういときに勝利をもたらしてきた伝家の宝刀だ。

 大手紙の政治部デスクは「それだけ安倍晋三首相が抱く危機感は、尋常ではないからね」と指摘する。

「厚生労働省で発覚した『毎月勤労統計』の不正調査は、歴代担当大臣による“関与”が疑われ、働き方改革をシンボルにする政権の屋台骨を揺るがしかねない。しかもこの後、フランス司法当局によって日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長【1】が訴追されかねない状況だろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』