サイゾーpremium  > 連載  > 伊藤文學の薔薇族回顧譚【3】/【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
連載
伊藤文學の薔薇族回顧譚【3】

【薔薇族回顧譚】「薔薇族」刊行で去っていく友と、“死”を恐れぬ編集者

+お気に入りに追加

――日本初のゲイ雑誌「薔薇族」創刊編集長が見た、ゲイメディアの勃興とその足跡をたどる

1812_P113_HON_BL_300.jpg
「薔薇族」創刊号。同性愛を扱った読者の投稿作品に加えて、文通欄などがあり、同性愛者たちの投稿で盛り上がりを見せることとなった。

 1971年7月。マクドナルド日本一号店が銀座に作られたのと同じ頃に、日本初の男性同性愛者向け商業雑誌である「薔薇族」(第二書房)の創刊号(9月号)が刊行された。売り上げはまずまず好調で、創刊号は1万部刷ったうちの6000~7000部を実売。その後も部数は伸び続けていった。

「雑誌の中身の多くは、読者から募った投稿作品だった。例えば同性愛の体験記や悩みの相談、小説やイラストなんかの創作物とか。でも一番人気があったのは、やっぱり文通欄への投稿だよ。多いときは、全ページの半分が文通欄だった」

 当然ながらこの文通欄は、ゲイの男性が恋人や性交の相手、あるいは友人を探すために活用された。これは、「薔薇族」以前に発行されていた風俗雑誌「風俗奇譚」(文献資料刊行会)にも存在した仕組みである。今ではマッチングアプリが果たしている役割を、当時はこうした雑誌の文通欄が担っていたのだ。

 投稿文の内容は、今のマッチングアプリのそれとほとんど変わりがない。身長や体重、職業などを開示した上で、「童貞の青年求む」「老人が好きです」「自分と同じ銀行員だとうれしい」など、自分が相手に求める要望も添えた投稿者が多く見られる。

 読者は、やりとりをしたい人物を見つけたら、まずは版元である第二書房へと手紙を送る。それを伊藤やその妻が、手作業で転送するのである。送られてくる手紙は、最初は一日数十通だったがすぐに数百通、最盛期には一日1000通近くにまで膨れ上がったという。そのくらい、多くの同性愛者にとって心の拠り所になっていたということだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』