サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
第1特集
「サントラ」の謎を徹底解明

劇中で流れないのに収録!?――サウンドトラック裏事情

+お気に入りに追加

――洋邦問わず、話題の映画やドラマには必ず“ワンセット”のイメージのあるサウンドトラック。しかし、中にはサントラが存在しなかったり、収録されていても本編で使用されていなかったり、挙げ句の果てには映画やドラマよりもサントラのほうが話題になったりする逆転現象まで。そんな気になるサントラ事情を、洋邦まとめて探ってみた。

1812_01_soundtrack_350.jpg
新垣結衣と星野源主演の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(16年/TBS系)のサントラには、星野源「恋」は未収録で、劇中で使用されるインストのみで構成。民放ドラマのサントラは、この形態が非常に多い。

 サウンドトラック――。その言葉が本来意味するのは、「フィルムの中にある独立した音声用トラック」を指す。フィルムのデジタル化によって解釈にも変化は起きているが、主題歌をはじめ、挿入歌やBGMなど、音声を用いない作品は皆無といっても過言ではないので、ほぼすべての映画/ドラマにサウンドトラックが存在する。しかし、今回のお題は商品として市販されている“サウンドトラック・アルバム”について。

 読者諸氏の印象としては、「サントラは映画公開や、ドラマの放送に合わせてセットで発売される商品」と思うのではないだろうか?大手レコード会社に勤務し、これまでに洋邦問わず多くのサントラのリリースを担当してきたA氏いわく、「予算を投じたハリウッド映画で30%以上、ミニシアターやアート系作品であれば10%前後、ドラマも同様に10%程度のサントラがリリースされていると推測」できるとのことだ。意外と少なく感じる数字だが、話題作であればサントラは一心同体――かと思いきや、そうでもない。映画業界に詳しいライターB氏が続ける。

「映画公開時はサントラは発売されておらず、公開後大ヒットを記録し、急遽サントラがリリースされたという作品は、実は相当数あります。最近では『カメラを止めるな!』が良い例です(18年6月に一般公開、9月にサントラの発売)。また、『ラ・ラ・ランド』(16年)のように複数のサントラを発売する映画や、『ウェディング・シンガー』(98年)のように公開後に映画/サントラ共に高い評判を獲得し、(第1弾には収録できなかった)第2弾サントラを発売することもあります」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』