サイゾーpremium  > 特集  > IT  > インターネットの自由は死んだのか?【2】/アメリカを動かす【リバタリアン】たち
第1特集
インターネットの自由は死んだのか?【2】

仮想通貨は最後の光か?――アメリカを動かすリバタリアンたち

+お気に入りに追加

――リバタリアンたちは、革新的なサービスを生み出してきた。ここでは若手から大御所まで、リバタリアンたちのその後を紹介しよう。
(各写真/「Wikipedia」より)

1811_clmn2_Winklevoss1_250.jpg

【1】ザッカーバーグの敵として有名
ウィンクルボス兄弟
『ジェミニ』

15年に開設された仮想通貨取引所。9月には米ドルに裏付けされたトークン「ステーブルコイン」もローンチした。映画『ソーシャル・ネットワーク』では、ザッカーバーグの敵役として描かれていたウィンクルボス兄弟。フェイスブックのアイデアを盗まれたとしてザッカーバーグを訴え6500万ドルをもぎ取った彼らは、その資金を使い、仮想通貨取引所を開設。世界第4位の仮想通貨長者になった。映画では敵役として描かれていたが、次の時代は拝金主義者の彼らが制するかもしれない!?

1811_clmn2_PeterThiel_250.jpg

【2】リバタリアンなのにトランプ支持
ピーター・ティール
『ペイパル』

98年にサービス開始したオンライン決済サービスの先駆け。創業にかかわったメンバーはペイパルマフィアと呼ばれシリコンバレーでも影響力大。ペイパルの創業者であるピーター・ティールは、生粋のリバタリアンとして知られる投資家。しかし、自由を推進する思想を持ちながらも、一国主義を推し進めるトランプ大統領を支持し、応援演説にも登壇した際にはシリコンバレー中から非難の声が上がった。当選後は大統領顧問として、シリコンバレーのリバタリアンたちとホワイトハウスをつなぐ活躍を見せている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』