サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 歌姫が返り咲いた本当の理由【2】/【アムロ】を支えたプロデューサーの本音

――安室奈美恵の覚醒をバックアップしたプロデューサーといえば、T.Kura&michicoの両氏を避けて通ることはできない。アトランタ在住の両氏に、彼女のプロデュース業について話を聞いた。

1811_01_namies_300.jpg

「安室さんはSUITE CHICのプロジェクトでヒップホップ・サウンド寄りになり、うまくこなせると証明されたので、『このままさらなる主張をする』というコンセプトのもと、初めて楽曲を制作したのが、アルバム『STYLE』の冒頭曲『Namie's Style』でした。〈Namie=私〉それまでの“安室ちゃん”から、〈Namie Amuro〉になる覚悟、ここから新しいことが始まる予感、安室奈美恵はこれだけ変われる、といった意味を込めて登場するというのを意図した楽曲です。歌い方に関して、まずはmichicoのソングライト上のスタイルを、そのまま安室さんに継承する形があります。日本語歌唱のR&Bは、それ自体がコンセプトであり、スタイルがこもっているからです。そこでmichicoが自分のスタイルを噛み砕いたうえで、安室さんにアドバイスし、ボーカルディレクションを行う。このジャンルには欠かせない声使いや演技、細かな表現をするために、レコーディングには長時間を割きました。毎回ハードでしたが、彼女は真摯に受け止め、常にプロフェッショナルな姿勢を崩しませんでした。

 もともとコツをつかむのが上手で、理解力も高く、サッと表現できる能力の高いアーティストだったので、曲を作り続けるごとに、その成長を見ることができました。彼女のやりたいことがどんどん具現化され始めた時期でもあったので、貪欲に吸収し、『こんな曲をやりたい』といったリクエストが出ることもありました。とにかく制作は、ワクワク楽しみながら挑んでいるように見えましたね」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』