サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 歌姫が返り咲いた本当の理由【2】/【アムロ】を支えたプロデューサーの本音

――安室奈美恵の覚醒をバックアップしたプロデューサーといえば、T.Kura&michicoの両氏を避けて通ることはできない。アトランタ在住の両氏に、彼女のプロデュース業について話を聞いた。

1811_01_namies_300.jpg

「安室さんはSUITE CHICのプロジェクトでヒップホップ・サウンド寄りになり、うまくこなせると証明されたので、『このままさらなる主張をする』というコンセプトのもと、初めて楽曲を制作したのが、アルバム『STYLE』の冒頭曲『Namie's Style』でした。〈Namie=私〉それまでの“安室ちゃん”から、〈Namie Amuro〉になる覚悟、ここから新しいことが始まる予感、安室奈美恵はこれだけ変われる、といった意味を込めて登場するというのを意図した楽曲です。歌い方に関して、まずはmichicoのソングライト上のスタイルを、そのまま安室さんに継承する形があります。日本語歌唱のR&Bは、それ自体がコンセプトであり、スタイルがこもっているからです。そこでmichicoが自分のスタイルを噛み砕いたうえで、安室さんにアドバイスし、ボーカルディレクションを行う。このジャンルには欠かせない声使いや演技、細かな表現をするために、レコーディングには長時間を割きました。毎回ハードでしたが、彼女は真摯に受け止め、常にプロフェッショナルな姿勢を崩しませんでした。

 もともとコツをつかむのが上手で、理解力も高く、サッと表現できる能力の高いアーティストだったので、曲を作り続けるごとに、その成長を見ることができました。彼女のやりたいことがどんどん具現化され始めた時期でもあったので、貪欲に吸収し、『こんな曲をやりたい』といったリクエストが出ることもありました。とにかく制作は、ワクワク楽しみながら挑んでいるように見えましたね」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』