サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 歌姫が返り咲いた本当の理由【1】/【D.O.I.×VERBAL】安室奈美恵論

――安室奈美恵引退から早1カ月。小室ファミリー離脱後、一度は低迷期に入った彼女が、なぜ再びトップに返り咲き、女王の座を譲らぬまま引退の日を迎えることができたのか? 彼女の勇退に敬意を表し、かつ世の中からいまだに聞こえる安室ロスの声に応えるべく、本誌視点で安室ちゃんが貫き通した最新音楽形態を徹底分析!

1811_YK11779_520.jpg
(写真/河本悠貴)

 日本音楽界のトップに君臨する女性シンガーでありながら、去る9月16日、25年間のアーティスト活動に幕を下ろした安室奈美恵。90年代中期、「Body Feels EXIT」をはじめ、「Chase the Chance」「Don't wanna cry」など、小室哲哉のプロデュースによってメガヒットを放ったのは周知の通り。その後、結婚&出産に伴う一時的な活動休止を経て、自らの意思で小室プロデュースから離れることを決意。それからは手探り状態から、新たなクリエイターらと共に最先端のブラックミュージックを標榜したサウンドを追究し、小室時代では成し得なかったセルフプロデュース力を開花させた。本稿では、セルフプロデュース力を遺憾なく発揮させてからの安室奈美恵が挑んできた、最新の音楽スタイルを分析してみたい。彼女のスタイルが大きく変化することとなった、R&B/ヒップホップ・プロジェクト〈SUITE CHIC〉の発案者であり、安室奈美恵が引退まで走り抜けた音楽スタイルの立役者でもあるVERBAL(m-flo/PKCZ(R))と、ミックスエンジニアという立場で、安室の数々の楽曲を支えてきたD.O.I.の両氏を招き、偉大なる功績を残したシンガーの実像に迫る。

小室哲哉との別離――安室奈美恵、転生

1811_amuro1_300.jpg
ジャネット・ジャクソンやローリン・ヒルに憧れた少女は、いつしか彼女たちを超えるまでの存在となった。

――まずは、お2人が安室さんと仕事をするようになった経緯を教えてください。

D.O.I.(以下、D):僕はSUITE CHICのアルバム『WHEN POP HITS THE FAN』(03年)で4曲のミックスを担当させていただいたのが最初です。安室さん名義の作品ではシングル「WANT ME, WANT ME」(05年)からで、ここ10年は多分、80~90%の楽曲をミックスさせてもらいました。

VERBAL(以下、V):僕は〈安室奈美恵&VERBAL〉名義でのコラボ曲「lovin' it」(01年)が最初ですね。その後、m-floのライブに来ていただいたことがあったんですが、そのときに僕がステージから落ちたのが安室ちゃん的にツボだったようで、そこからさらに親睦を深めました(笑)。

――安室さんの変革期となったSUITE CHICは、どのようにして誕生したのでしょうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』