サイゾーpremium  > インタビュー  > 【坂ノ上茜】女優魂のエネルギー源は赤ちょうちん!?
インタビュー
自然体な姿が魅力的な若手女優、登場!

【坂ノ上茜】特撮もチアもこなす女優魂のエネルギー源は、まさかの赤ちょうちん!?

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――この春、大学を卒業したばかりのナチュラル美女は肉食派!

1811_MG_4325_CMYK_520.jpg
(写真/高口正彦)

「『チア☆ダン』(TBS系)は、『ほとんどドキュメンタリーだね』と周りの人に言われるくらい、チアダンスに真剣に向き合った作品。体力的にはつらかったですけど、みんなに会えるのが毎日楽しみで、また高校時代を味わえたような、とてもいい体験でした」

 そう語るのは、9月に最終回を迎えた同ドラマに、樫村恵理役で出演していた坂ノ上茜。昨年10月には『王様のブランチ』(同)のレギュラーレポーター加入でも話題となった、いま注目の若手女優だ。

 高校までを地元・熊本で過ごし、都内の大学へと進学した彼女。自身の高校時代を“田舎っぺ”と振り返る。

「高校時代は月1回、福岡へお芝居のレッスンに通って、帰りに地元にないお洋服屋さんで買い物するのが楽しみでした」

 そして上京から2年目の2015年、特撮番組『ウルトラマンX』(テレビ東京系)のヒロイン・山瀬アスナ役を射止めると、持ち前の運動神経を発揮する。

「想像力を頼りに、見えない(あとで合成される)怪獣と戦ったり、爆発をバックに全力で走ったりと、撮影は楽しかったですね。あと、ある時、オーディションで選んでくれた理由を監督に聞いたら、『ウルトラマンの世界独特の単語を自然に言えていたのがよかった』と言ってもらえたのがうれしかったです。以来、自然体を意識してお仕事をするようにしています。ブランチレポーターの面接も、力まず受けたのがよかったのかなと」

 背伸びをせずに自然体で役をこなす彼女の姿勢が、いろいろなメディアに注目されている理由なのかもしれない。そんな彼女の貴重な息抜きは、大好きなお肉を食べること。お酒も好きで、同じくブランチレポーターの小室ゆらとはよく飲みに行く仲なんだとか。

「特にハラミが好きで、休み前夜は赤ちょうちんに繰り出します(笑)。今後は体を動かすお仕事はもちろん、新しい役柄にもどんどん挑戦していきたい。プライベートでもお仕事でも人との縁を大切に、いろんな現場で学んできたものを生かせていけたらいいなと思います」

 大物女優への道のりも体力勝負だが、いつまでも横丁通いは続けてくれますように!

坂ノ上茜(さかのうえ・あかね)
1995年12月5日生まれ、熊本県出身。「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で俳優・ルックス部門賞を受賞し、2015年『ウルトラマンX』(テレビ東京系)で本格女優デビュー。特技はスタントマン兼特撮監督である坂本浩一直伝の“スコーピオンキック”。

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

(文/伊藤綾)
(スタイリング/世良啓)
(ヘア&メイク/板津勝久)

[衣装協力]
ワンピース(税込:6210円)/merlot

[お問い合わせ先]
merlot オンラインショップ/03-3664-9613 その他 スタイリスト私物

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』