サイゾーpremium  > 連載  > 伊藤文學の薔薇族回顧譚【1】/マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
連載
伊藤文學の薔薇族回顧譚【1】

【薔薇族回顧譚】マスターベーションの悩みから生まれた“薔薇の種”

+お気に入りに追加

――日本初のゲイ雑誌「薔薇族」創刊編集長が見た、ゲイメディアの勃興とその足跡をたどる

1810_P125_img001_300.jpg
後に「薔薇族」が生まれるきっかけともなる『ひとりぼっちの性生活』(第二書房/秋山正美)。

 ひとりの青年のマスターベーションへの悩みから、日本出版史上に残る雑誌が生まれた――。こう言ったら、誰もが怪訝な顔をするに違いない。しかし、これはれっきとした事実なのである。かつて青年だった、その男の名前は伊藤文學。出版社第二書房の経営者にして、日本初の男性同性愛者向け商業雑誌「薔薇族」の創刊編集長だ。

 ゲイ向け雑誌を創刊した人物はやはりゲイなのだろう――そう考える読者は多いかもしれないが、伊藤はゲイではなく異性愛者だ。異性愛者である伊藤と、ゲイ向け商業誌の創刊というアイデア。その2つを結びつけたのが自身のマスターベーション経験であるというのは、ほかならぬ伊藤自身の言である。

 話は1965年、とある奇妙な男が第二書房を訪ねてきたことに始まる。32年生まれの伊藤は当時33歳。父・伊藤禱一からなし崩し的に引き継いだ第二書房で、たったひとりの編集者として働きづめの毎日を送っていた。版元といっても、もともとは歌集や詩集の出版をメインに経営していた小出版社。事務所も、住まいを兼ねた木造二階建ての古い借家だった。

 そこに自作の原稿を持って現れたのが、当時30歳の文筆家、秋山正美だった。

「びっくりしたよ。なにしろ着ているスーツも、ネクタイも、靴も、全部が緑色。そんな人が、緑色の風呂敷包みから原稿を出して、『これを読んでほしい』って頼んできた」

 そこに書かれていたのは“正しいオナニーの仕方”。それは男女がいかに安全に、そして豊かに「孤独な性生活」を楽しむかについての啓蒙書でもあった。

 伊藤は、この原稿を読んですぐに出版を決める。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』