サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > BLとLGBTの軋轢【2】/ 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
第1特集
BLとLGBTの軋轢【2】

男が男をセクハラする描写も!――『おっさんずラブ』はゲイ差別ドラマか?

+お気に入りに追加

――この春に放送された『おっさんずラブ』。BLと同様、男性同士の恋愛を描いたそのドラマは話題になった一方、セクハラ/パワハラと感じられるシーンも見受けられた。LGBT的に問題はなかったのか――。

1808_P078-081_img005_300.jpg
『おっさんずラブ』DVD-BOX(TCエンタテインメント)の発売も予定されている。

 2018年4月期に放送された連続ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。ダメダメな独身男・春田創一(田中圭)をめぐって、乙女心を持つ上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、仕事も家事も万能な後輩・牧凌太(林遣都)が奪い合うという、おっさん同士の三角関係をコメディタッチで描いたものである。毎週土曜23時15分〜という深夜枠での放送だったこともあり、初回の平均視聴率は2・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)程度であったが、少女マンガタッチのセリフや俳優陣の熱演、番組と連動させたインスタグラムでの展開がSNSで「キュンキュンする」と話題となり、最終回の第7話は5・7%を記録したのだった。

 脚本を手がけた徳尾浩司氏は、ウェブサイト「アニメ!アニメ!」(18年6月2日付)のインタビューにおいて、BL作品を参考にしたかどうか問われ、「僕や監督、プロデューサー陣も、BLに詳しいわけではないんです。自分たちの恋愛だったらどうするか? と突き詰めて考えています」と回答している。また、LGBTへの配慮については、「あくまで純粋に“恋愛”を描きたかったというのがスタート。でも、同性同士の恋愛を描く際に、LGBTの悩みや葛藤の中にコメディを入れることで、意図せず見ている方を傷つけてしまう可能性があるので、それはしたくないと。なので、人と人が真っ直ぐ恋愛に向き合うことを主眼に置きました」と、あくまで“おっさん”よりも“ピュアな恋愛”を描くことを主眼としていたと強調している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』