サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > BLとLGBTの軋轢【2】/ 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
第1特集
BLとLGBTの軋轢【2】

男が男をセクハラする描写も!――『おっさんずラブ』はゲイ差別ドラマか?

+お気に入りに追加

――この春に放送された『おっさんずラブ』。BLと同様、男性同士の恋愛を描いたそのドラマは話題になった一方、セクハラ/パワハラと感じられるシーンも見受けられた。LGBT的に問題はなかったのか――。

1808_P078-081_img005_300.jpg
『おっさんずラブ』DVD-BOX(TCエンタテインメント)の発売も予定されている。

 2018年4月期に放送された連続ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。ダメダメな独身男・春田創一(田中圭)をめぐって、乙女心を持つ上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、仕事も家事も万能な後輩・牧凌太(林遣都)が奪い合うという、おっさん同士の三角関係をコメディタッチで描いたものである。毎週土曜23時15分〜という深夜枠での放送だったこともあり、初回の平均視聴率は2・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)程度であったが、少女マンガタッチのセリフや俳優陣の熱演、番組と連動させたインスタグラムでの展開がSNSで「キュンキュンする」と話題となり、最終回の第7話は5・7%を記録したのだった。

 脚本を手がけた徳尾浩司氏は、ウェブサイト「アニメ!アニメ!」(18年6月2日付)のインタビューにおいて、BL作品を参考にしたかどうか問われ、「僕や監督、プロデューサー陣も、BLに詳しいわけではないんです。自分たちの恋愛だったらどうするか? と突き詰めて考えています」と回答している。また、LGBTへの配慮については、「あくまで純粋に“恋愛”を描きたかったというのがスタート。でも、同性同士の恋愛を描く際に、LGBTの悩みや葛藤の中にコメディを入れることで、意図せず見ている方を傷つけてしまう可能性があるので、それはしたくないと。なので、人と人が真っ直ぐ恋愛に向き合うことを主眼に置きました」と、あくまで“おっさん”よりも“ピュアな恋愛”を描くことを主眼としていたと強調している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』