サイゾーpremium  > 連載  > 大石始の「マツリ・フューチャリズム」  > 大石始のマツリ・フューチャリズム【25】/【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【25】

構成は正統派の音頭ながら破壊力抜群!――今夏はみんなでファックユー

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

1807_MF_SOKABE_PH_230.jpg

 日本の音楽界と音頭界を揺るがす、トンでもない楽曲がリリースされた。その名も「FUCK YOU音頭」。歌うのは90年代に結成され、一時の活動休止を経て、現在は精力的な活動を続けるロック・バンド、サニーデイ・サービス(以下、サニーデイ)だ。音作りは低音の効いた現行ヒップホップ的なものではあるものの、楽曲の構成はあくまでも「東京音頭」以降の新作音頭のスタイル。決して奇をてらったものではなく、ある意味で正統派の音頭である。だが、繰り返される「ファックユー」というフレーズは破壊力十分。楽しいのに不穏な空気もたっぷりな、まさにオリジナルの音頭となっている。

 作詞作曲を手がけたメンバーの曽我部恵一氏は、この「FUCK YOU音頭」について「自分の遺作にしてもいいぐらいの出来」と胸を張る。

「ずっと好きで聴いてきたアフリカの音楽を形にしようと思っても、アフリカ文化と隣接しているものが自分にないので、やる理由・必然性がないんですね。でも、音頭という音楽には、それがある感じがして。大瀧詠一さんが70年代に作っていた音頭が大好きだったし、音頭はいつか挑戦してみたかったんです。最初は手探りでしたけど、制作を進めていくと、体内で培われていたものがあるんだなと感じました」

「FUCK YOU音頭」には原曲がある。サニーデイが今年3月に発表したアルバム『the CITY』に収録された「ラヴソング 2」がそれだ。サニーデイは『the CITY』収録曲のリミックスをスポティファイに定期的にアップしていく『the SEA』というプロジェクトを進めており、「FUCK YOU音頭」はその第一弾として世に発表された。曽我部氏は「制作を進めていく上で、いろいろな気づきがありました」と話す。

「最初に参考にしたのはやっぱり(大瀧詠一プロデュースによる)『ナイアガラ音頭』のシングル・バージョン。音頭の要素が入っていながら、ディスコの強いビートがある。『FUCK YOU音頭』でも今のトラップみたいにサブベースがしっかり出た作りで音頭のビートを組んでみようと考えていました」

「FUCK YOU音頭」は歌詞も鮮烈な印象を残す。「おサルの籠屋は池のなか/森の友だちよんでくりゃ」「ひらひら舞うのは銭の花/音頭でシンゾーもバクバクだあ」などという歌詞も出てくるが、この曲は単なる反安倍ソングではない。彼はこう説明する。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』