サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 竹野内豊&倉科カナの結婚を阻んでいる「2人の男」とは?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

竹野内豊&倉科カナの結婚を阻んでいる「2人の男」とは?

+お気に入りに追加
1806_kurashina.jpg『Sunny Flower―倉科カナファースト写真集 』(双葉社)

 結婚できないのはあの人のせい?

 6月1日発売の「フライデー」(講談社)にて、「6月結婚」がささやかれる竹野内豊と倉科カナの“愛の行方”が報じられた。記事によると2人は現在、竹野内が都内に建てた豪邸で半同棲生活を送っているという。

「2人はマスコミの目を避けるため、超厳戒態勢で生活しているといいます。過去に竹野内が倉科のマンションに通っていた際には、徒歩5分はかかる離れた場所で駐車し、人通りが絶えるのを待って暗がりを歩き、マンションの裏口からこっそり入っていたほど。車内デートでもマスクで顔を隠す徹底ぶりだったそうです」(芸能記者)

 5月30日の写真集発売のイベントで、三浦翔平が桐谷美玲との熱愛宣言した際には、「男らしい」「潔くてステキ」との声が上がったが、アラフィフの竹野内の秘密主義には「早く結婚すればいいのに」「結婚してファンが減るという年齢でもないでしょう」と眉を潜める声が、ネット上であふれている。

 2人が結婚に踏み切れないのは、いったいどんな理由があるというのか。女性誌記者が明かす。

「福山雅治や西島秀俊が結婚した際には、ショックのあまり出社を取りやめたOLたちがいたほど。特に福山はその後、人気が急落して、出演作が軒並み爆死する深刻事態となりました。加えて、竹野内の場合は相手の倉科が17歳年下ということも、女性から反感を買う要素となっている。そのため、自身の人気を維持できるか苦悩しているようです。また、倉科といえば、5月25日に元カレのよゐこ・濱口優が南明奈と入籍したのは“誤算”だったはず。もし6月に結婚となれば、比較されてマスコミに当時のことを面白おかしく蒸し返される恐れもある。結果、年が変わるまで結婚は持ち越しとなるのではと見ています」

 ともあれ、交際は周知の事実だけに、コソコソする必要はないと思うのだが……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』