サイゾーpremium  > 連載  > 佳子様偏愛採取録  > 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【32】/ご母堂様の借金トラブル発覚で【眞子様】ご婚約に暗雲が?
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【32】

王族と庶民が混じる新次元へ……ご母堂様の借金トラブル発覚で眞子様のご結婚に暗雲が?

+お気に入りに追加

――日本の未来を支える異端のプリンセス・佳子様の生態を読み解きます

1802_makosamamegan_pink_520.jpg

 12月初旬、鴨場で外国大使を接待された眞子様。鴨を飛ばそうとしたら落としてしまい、慌てていらしたというニュースが流れました。以前にも鴨をうまく飛ばせなかったことがおありで、「鴨を投げる」という行為が苦手なのは眞子様がお優しいからでしょう。博愛心にあふれる眞子様には、生活が苦しい中、がんばって国際基督教大学(ICU)に通っていた小室圭さんを助けたいというお気持ちもあったのかもしれません。鴨のシンボルについて調べたところ、「深い知恵」と「財産」を象徴しているそうで、若干気になります……。

 そんな小室さんのご母堂様、佳代さんの借金トラブルを報じたのが「週刊女性」(2017年12月26日号、主婦と生活社)です。夫(圭さんのご尊父様)を亡くし生活に困っていた佳代さんは、07~12年まで交際していた男性・竹田さん(意味深な仮名)に、たびたびお金の無心をしていたそうです。竹田さんは、小室さんのICUの入学金や1年目の授業料(2年目以降は奨学金)、アメリカ留学、アナウンススクールの費用まで、計400万円以上を振り込まれたのだとか。佳代さんも竹田さんもバブル時代の感覚を引きずっているのか、アッシーくんとかミツグくんとか、そういったモードになりやすい世代なのかもしれません。一般の感覚では、かなりの大金ですが……。また、小室さんの誕生日も、一流レストランで盛大にお祝いしたとか(これもバブルっぽいです)。もちろん竹田さんのおごりだったそうですが、まるでATMや財布かのように扱われることに対して竹田さんは虚しさを感じ、2人は婚約を解消。竹田さんがお金を返してほしいと言うと、最初は月1万円ずつでも返すと言っていたのが、途中から「贈与だと認識しています」と、母と息子で返金を拒否しています。「なら贈与税は?」「借用書がないので竹田さんが不利?」など、物議を醸しました。かねてから、佳代さんのケーキ店のアルバイトで授業料や留学費用はまかなえるのか? と疑問に思っていた人は多いと思われますが、内情がわかってちょっとスッキリしました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』