サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  >  彼女の耳の穴/藤井美菜

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1801_F_DSC5954_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

Touching song

1801_yukinohana_100.jpg

中島美嘉
「雪の華」

2003年10月にリリースされた10thシングル。04年に韓国で放送されたドラマ『ごめん、愛している』主題歌としてカバーされ、韓国でも大ヒットした。


 親が転勤族だったので、小さい頃から石川、千葉、新潟と転々としていて……いちばん記憶に残っているのは、新潟ですね。9歳から6年間住んでいたので。で、新潟に引っ越したばかりの頃、親が市民ミュージカルのオーディションのチラシを持ってきてくれたんです。それで、軽い気持ちで受けてみたら受かって。それから中学までは、ずっと市民ミュージカルをやってました。

 その頃は、歌番組をよく観ていましたね。『HEY!HEY!HEY!』とか『うたばん』とか。初めて買ったCDは、森山直太朗さんかな?中学生の頃だったと思うんですけど。その中に「高校3年生」という曲があって、「卒業したら、君ともお別れだね」みたいな淡い感じの恋の歌なんですけど、それが当時の自分の気持ちと重なったんですよね。中学時代も市民ミュージカルは続けていたんですけど、本格的に女優の仕事をするならやっぱり東京だなって思ってもいて。それで母親と約束したんです。首都圏の高校に合格したら、上京してもいいって。だから、森山さんの「高校3年生」を聴きながら、「いつか自分も上京して……」みたいなことを思っていたのかな。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』