サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  >  彼女の耳の穴/藤井美菜

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1801_F_DSC5954_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

Touching song

1801_yukinohana_100.jpg

中島美嘉
「雪の華」

2003年10月にリリースされた10thシングル。04年に韓国で放送されたドラマ『ごめん、愛している』主題歌としてカバーされ、韓国でも大ヒットした。


 親が転勤族だったので、小さい頃から石川、千葉、新潟と転々としていて……いちばん記憶に残っているのは、新潟ですね。9歳から6年間住んでいたので。で、新潟に引っ越したばかりの頃、親が市民ミュージカルのオーディションのチラシを持ってきてくれたんです。それで、軽い気持ちで受けてみたら受かって。それから中学までは、ずっと市民ミュージカルをやってました。

 その頃は、歌番組をよく観ていましたね。『HEY!HEY!HEY!』とか『うたばん』とか。初めて買ったCDは、森山直太朗さんかな?中学生の頃だったと思うんですけど。その中に「高校3年生」という曲があって、「卒業したら、君ともお別れだね」みたいな淡い感じの恋の歌なんですけど、それが当時の自分の気持ちと重なったんですよね。中学時代も市民ミュージカルは続けていたんですけど、本格的に女優の仕事をするならやっぱり東京だなって思ってもいて。それで母親と約束したんです。首都圏の高校に合格したら、上京してもいいって。だから、森山さんの「高校3年生」を聴きながら、「いつか自分も上京して……」みたいなことを思っていたのかな。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載