サイゾーpremium  > インタビュー  > 【峯モトタカオ】次世代打楽器ハンドパンの神秘性
インタビュー
神秘的な打楽器を奏でるバスカー

【峯モトタカオ】それは街に突然出現するヒーリングポイント……謎の打楽器ハンドパンの神秘性

+お気に入りに追加

音楽を奏でる新世代の打楽器ハンドパンを奏る、峯モトタカオ。神秘的なその音楽で、道行く人を魅了するそのパフォーマンスに出会える確率は、実はレア!?

1712_minemoto_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

 すず色をした丸い楕円形の物体にいくつものくぼみがある楽器をひざ上に乗せ、太鼓のようにリズミカルに手で叩き、不思議な音楽を奏でる。ハンドパンと呼ばれるその楽器を操るのは、奏者の峯モトタカオだ。ビートが激しい曲もあるが、その柔らかい反響音のおかげで、気持ちが優しく引き寄せられ、いつまでも聴いていたくなる。

 フォルムだけを見れば、伝統的な民族楽器のようでもあり、オーパーツのようなレトロフューチャーな雰囲気も持ち合わせている。だがその歴史は、スイスで誕生してからまだ17~18年ほどしかたっていないのだという。

「日本では、プロの奏者は10人くらい。所有してる人だと100人前後はいると思います。でもバスキング(路上での大道芸)が盛んな海外では、演奏を見かける機会も、かなり多いんですよ。製造しているメーカーも300社ほどあります。1人で持ち運びできる手軽さもあって、じわじわと広がっていったみたいですね」

 学生時代にギターを始めた峯モトは、ミュージシャンになるべく広島から上京。ジャンベを使ったパーカッショニストとして、活動をしていた。そんな彼が、所属していたバンドの解散と前後して、この楽器を手にしたのが、3年ほど前だという。

「パーカッションって、1人でやるので寂しいじゃないですか? ハンドパンは、音楽の3大要素リズム、メロディ、ハーモニーを1台で表現できるので、『これで、もう1人でやっていけるじゃん』というのがあって始めました」

 こうしてソロ活動を始めた峯モト。彼の演奏はライブハウスなどで行われるイベントでも聴くことができるが、それ以外の日は可能な限り毎日路上に出て稼いでいるのだという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』