サイゾーpremium  > 連載  > アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【10】/ボディペインティングが導く愉楽
連載
アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【10】

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】ボディペインティングが導く愉楽

+お気に入りに追加

――カメラマン・デザイナー、そして親日家としても知られるアッシュ・ハドソン。そんな彼が自らが体験した日本の“アングラ文化”を詳細にレポート。

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】ボディペインティングが導く愉楽の画像1
Gaku HP〈http://188.jp/gaku〉  Instagram〈@gakuazuma

 今月は、塗料を使って体に絵を描いたり、さまざまな模様を描くアート〈ボディペインティング〉を紹介したい。いつものようにインスタグラムをチェックしていたら、Gakuというボディペインティングをしているアーティストを見つけた。彼のプロフィールを見ると、大阪在住ということがわかって、すぐにコンタクトを取ることにした。いざ会って話してみたら、彼は高校時代にカリフォルニアへ留学し、地元新聞社主催の絵のコンテストなんかで優勝した経歴も持ち合わせていた。そんなバックグラウンドもあってか、言葉の壁の問題もなく、すぐさま意気投合したんだ。

 ある日Gakuに「モデルを連れて行くから現場を見せてくれないか?」と頼んだら、普段は絶対人に見せないらしいが、了承してくれた。すべての作業が終わるまで、約6時間くらいかかったけれど、墨と筆によって素っ裸の体に絵が描きあげられていくさまはセクシーだった。Gakuは、あらゆる日本人女性の体にペイントを施す。きれいでスタイル抜群の女性ばかりなんだろうなと聞くと、「俺はスタイルがいい子よりも、ぽっちゃりした女性のほうがタイプ」と、はにかむ。さらに彼が言うには、ボディペインティングは35歳以下しか描かないらしい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』