サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 彼女の耳の穴/藤田ニコル

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1710_P116-118_F_DSC5446_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

Touching song

1710_mimi_jacket_100.jpg

back number
「花束」
2011年6月にリリースされた、back numberのセカンドシングル。付き合って間もない男女のピュアな思いが歌われる。


 家ではいつも音楽のある生活をしています。携帯をブルートゥース・スピーカーにつないで、寝る前とか朝起きてメイクするときの時間とか、常に音楽は流しています。でも最近はホント、男性の歌ばっかりで……back number、ワンオク、クリープハイプ、RADWIMPSとかをよく聴いています。中学生ぐらいのときは、西野カナさんとか加藤ミリヤさんをよく聴いていたんですけど、最近は男の人、それもバンド系が多いですね。

 最初に音楽を意識したのは……私、ポケモンが大好きなんですけど、子どもの頃は、ポケモンの主題歌ばっかり歌ってました(笑)。「めざせポケモンマスター」とか、つるの剛士さんが歌っているほうの「ポケモン言えるかな?」とか。曲名はうろ覚えなんですけど、聴けば大体わかるというか、ポケモンの曲はいまでも好きですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載