サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【芸能ニュース】やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!
ニュース
不倫、ダメ。ゼッタイ。

やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!

+お気に入りに追加

芸能人の不倫が次々と暴露

昨年には「文春砲」なる言葉まで流行るほどに、芸能人の不倫や熱愛が次々と報じられている昨今。その多くは、CM降板、レギュラー番組の辞退など、芸能活動休止に追い込まれてきた。以前は絶大な人気を誇っていたベッキーや矢口真里は、活動再開をしたもののかつてのように、うまくは行かず、苦戦を強いられている。

やっぱり不倫はアウト!全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!の画像1
大泉さん、突如代役が回ってきて『え? おれ?』という表情でしょうか。

 このところ「世界における日本のすごさ、偉大さ」を盛んに喧伝している向きにとっては、本当に世界で活躍している数少ない日本人である俳優の不倫報道は、どう映っているのだろうか? 思ったより騒がれず、ほっとしているのだろうか? しかし実は、“ある活動”が凍結されており、一般視聴者には見えない裏側で、いまだにどう転ぶかわからない状態にあるようだ。

 まずはその経緯から見ていこう。

“世界のナベケン”こと俳優の渡辺謙の不倫報道を「週刊文春」(文藝春秋)が報じたのが、3月30日。記事では、大阪北新地の高級クラブでナンバー1だった元ホステスの36歳女性と不倫関係にあり、ニューヨークで2人が手をつないで歩いている写真なども掲載されていた。

「早朝にスタジオ入りしないといけない、大阪収録の生放送番組や、タイガース中継での特別出演などに、快く出演してくれるので、『よっぽどの阪神ファンなんや』と思われていましたが、まさかキタのおねーちゃんにのぼせていたとは(笑)」(在阪テレビ局関係者)

さすが世界的俳優!不倫してもセーフ?

 しかし当初は、ベッキーや矢口真里、乙武洋匡などのように再起不能なほどのバッシングはなく、「文春砲も及ばず」といった風にみられていた。渡辺謙が所属するのは大手芸能プロ。「日本の芸能界特有の“政治”が動いたのでは?」という勘繰りの声も聞こえていた。

「もちろん事務所から報道に対して釘を刺すような“お願い”はあったようですが、それでなくてもテレビ局は慣例上スポーツ紙が書かなければ、大々的に取り上げることはない。しかも謙さんはすごく良い人で、基本的にバラエティ的なNGがない。タイガースネタをおしげもなく話してくれるし、彼を悪く扱いたくないのが本音なのでしょう。かつて白血病を患ったときも真摯に取材に対応したし、前妻が宗教にはまって何億円という借金をつくったときも、きちんと報道陣の前に出てきた。加えて世界で活躍する俳優なので、今後の関係性も考えれば、後追い情報がなければこれ以上報じる理由はないというところでしょうね」(テレビ局関係者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』