サイゾーpremium  > 特集2  > メロコアファンと【ハイスタ】の功罪
第2特集
再始動で見えたハイスタの“失敗”【1】

メロコアのライブ会場はロートルばかり!? 爺パンクスの墓場に……ハイスタの文化的功罪

+お気に入りに追加

――今秋、ハイスタの新譜「ANOTHER STARTING LINE」発売のニュースが飛び込んできた。しかし、彼らの全盛期にあたる16年前とは、音楽業界の状況はずいぶんと変わってしまった。街にはダンスミュージックがあふれ、バンド活動の要であったCDのセールスは落ち込む一方。若い世代には、そもそもハイスタやメロコアの存在さえピンとこない状況だ。彼らが牽引していたメロコアは、過去のものとなってしまったのか? ハイスタの功罪を探ることで、ブーム沈静化後の音楽カルチャーのあり方を見ていこう。

 2016年10月、90年代後半に一世を風靡した日本のパンク・バンド、Hi-STANDARD(以下、ハイスタ)が、約16年ぶりとなる新譜を発表した。しかも、事前プロモーション一切なし、発売から3週間は通販も配信もなしという、時代に逆行するような販売戦略を用いて、である。

 難波章浩(Vo&Ba)、横山健(Gt&Cho)、恒岡章(Dr)の3人から成る、かつての大人気バンドのゲリラ的新作発表に、ハイスタの活動期に多感な時期を送った30〜40代は沸いた。しかし逆にいうと、それ以外の層からは、白けた視線も少なからずあった。かつて若者を熱狂させたハイスタは、ノスタルジーの彼方へと旅立ってしまったのか?

ハイスタ・横山 ヒップホップに敗北宣言?

1701_gairon2_230.jpg
突然の新曲発売に、喜んだのもつかの間。「コレじゃない」という感想もわりと聞かれた。

 ハイスタの登場によって、90年代後半を席巻したメロコア・ブーム。「メロコア」とは、メロディック・ハードコアの略称であり、アップテンポでパンキッシュな演奏に、叙情的な旋律が乗る音楽性で知られる。

 大ヒットしたハイスタの1stフルアルバム『GROWING UP』がリリースされたのは95年のこと。それと時を同じくして、メロコアやその延長線上にあるバンドが多数登場、さらに雨後のたけのこのごとく現れた無数のハイスタ・フォロワーたちも加わり、一大シーンが形成されていった。

 そして、このブームを象徴するイベントが、ハイスタが中心になって開催されたパンク・ロック・フェス「AIR JAM」だ。後年、当時メロコア周辺の音楽を聴いていた層を「AIR JAM世代」などと呼び習わすように、97、98、00年と継続的に開催された同イベントは、当時のユースカルチャーに大きなインパクトを与えた。だが、00年の回で一区切りとなり、さらに、これをもってハイスタも活動休止を宣言する。この時期を境に、メロコアブームは急速に収束へと向かう。

 とはいえ、過熱したムーブメントが沈静化するのは自然な現象である。そもそもの、活動の中心がインディーズで、かつ英詞であったハイスタが、あれだけ売れたこと自体が異例だったともいえる。長らくパンク/ハードコアの現場を見続けてきた編集者・大久保潤氏は、当時の盛り上がりをこう分析する。

「あの頃は、パンク・ミュージックとファッションなどのストリート・カルチャーの距離が近く、雑誌などでの露出も大きかった。音楽単独だったら、ここまでのムーブメントにはならなかったのでは」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』