サイゾーpremium  > 特集2  > 【片山萌美】、Gカップの臥薪嘗胆
第2特集
オンナの年齢学~はっちゃけロリからむっちり熟女まで~

【片山萌美スペシャルグラビア】Gカップの臥薪嘗胆――いまのところ、結婚は想像できないんですよね(笑)

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1701_katayama01_520.jpg
【10 YEARS OLD】誕生日は“都民の日”。昼は運動会、夜は家族4人でバースデーケーキと唐揚げが恒例(笑)

 中学はバスケ、高校でテニスと、10代は部活に明け暮れたという片山萌美。小学生の頃は、冬でも半袖にハーフパンツ姿で走り回っていたという。

「私、東京出身なんですけど、誕生日が10月1日の都民の日なんです。その日は運動会とかぶることが多くて、昼は運動会をして、夜はお母さんが作ってくれたケーキとたくさんの唐揚げでお祝いしてもらうっていうのが恒例でした。3つ上の兄と家族4人、おうちでワイワイと」

 幼少時から身長は常に高く、高校2年生のときには現在と同じ170センチに。それゆえか、実年齢よりも年上に見られることが多かったという。

「声も低くてあんまりキャピキャピしてなかったせいもあったのかも。かといって別に精神年齢が高いわけではなく、ただテンションが低いだけなんですよ。最近になって、ようやく実年齢より下に見られるようになってきたんですけどね」

 私服姿で行われている本インタビュー。ハードなダメージジーンズに白のロングTシャツ姿で落ち着いて話す彼女が芸能界を志したのは、19歳のときであった。

「最初はモデルとして芸能養成学校に入学したんです。大学にも行きながらバイトもしてたので、めちゃくちゃ忙しかった。ハタチの頃が一番働いてたんじゃないかな。睡眠時間も3時間くらいで、だから誕生日の記憶も曖昧なんです(笑)」

 養成学校を経て現在の事務所に所属した彼女は、そこで大きな転機を迎える。現在のマネージャー氏との出会いだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』