サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【邦画豊作】と業界の闇

――2016年11月現在、今年の映画上位ランキングは東宝とディズニー配給作品によって完全に占められている。2社の快進撃に、死角はないのか?名物プロデューサーの社内での立ち位置、追随する他社の起死回生の一手、アニメ業界までも巻き込んだ、映画業界のヒットのウラ側を探る。

1612_intro01.jpg
日本映画界・観客動員数と収益の変遷
この10年間の、日本国内における年間映画観客数(白)と興行収入合計(黒)の変遷。
震災の影響もあって11年に落ち込んだものが、徐々に回復しつつはある。今年はどちらも前年比を上回る見込み。

 2016年、日本の映画界は近年まれに見る興行成績を記録した。牽引したのは言わずもがな『君の名は。』だが、その他の作品も善戦している。まだ1年が終わっていない11月上旬現在の数字ではあるが、現時点での今年の興行成績ベスト10作品は以下の通りだ(編集部調べ)。

1位 『君の名は。』(16年8月26日公開/東宝)
2位 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15年12月18日公開/ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーションピクチャーズ)
3位 『シン・ゴジラ』(16年7月29日公開/東宝)
4位 『ズートピア』(16年4月23日公開/ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーションピクチャーズ)
5位 『ファインディング・ドリー』(16年7月16日公開/ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーションピクチャーズ)
6位 『名探偵コナン 純黒の悪夢』(16年4月16日公開/東宝)
7位 『妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』(15年12月19日公開/東宝)
8位 『ONE PIECE FILM GOLD』(16年7月23日公開/東映)
9位 『信長協奏曲』(16年1月23日公開/東宝)
10位 『ペット』(16年8月11日公開/ユニバーサル・ピクチャーズ)

 このランキングを見ればわかる通り、上位10作品のうち実に5作品が東宝配給、3作品がウォルト・ディズニー・スタジオ・モーションピクチャーズ(以下、ディズニー)配給となっている。ほぼ完全な2社による寡占状態で、2 0 1 6年は他社にとっては悪夢といっていい年だった。

「東宝ひとり勝ち状態」というワードはこの数年映画業界において蔓延しており、本誌でも映画特集を行うたびに何度となく唱えてきた。それが今年は一層極まった、といっていいだろう。同社が10月に発表した17年2月期の連結純利益は前期比28%増の330億円と見込まれ、過去最高益に達することとなりそうだ。当初は20億円程度と想定されていた『君の名は。』が171億円と予想を大きく上回り、邦画史上に残る偉大な興行成績を打ち立てている。加えて『シン・ゴジラ』(79億円)は完全自社製作となっており、利益幅も大きい。 この20年弱で主流になっていた製作委員会方式(詳細記事『製作委員会から見る邦画ビジネスの実態』)を採用しなかったことが、庵野秀明監督の撮りたい特撮作品を成立可能にし、結果としてヒットにつながった――という可能性は、公開直後から各所で指摘されていた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全
    • ブルース・リーからBTSまで【中韓エンタメ受容史】
    • 【中国ヒップホップ】の潜在能力
    • 【K-POP製作陣】が語る日本の課題
    • 【BTS】が成功して少女時代がコケた理由
    • 芸能界革命【中国アイドル】ブーム
    • 乃木坂より良い!?【Cアイドル】6選
    • 国家も支援する中国の【食動画】とは?
    • この【食動画】が見たい!セレクション
    • 【中国ファッション界】急成長とリスク
    • 【中国アート】市場の成熟度
    • 【菊地成孔】フロイディズムが息づく物語
    • 【笛木優子】韓国で女優を志すきっかけ
    • 【韓流ぴあ編集長】恥部も暗部も映像化する底力
    • 【片山慎三】今の韓国映画の原型!?60年前のサスペンス
    • 【キム・ソンフン】隠蔽された民主化の歴史を追う
    • 社会問題化する【韓国ネット民】の闇
    • 今も根強い韓国国内の【地域差別】
    • Jリーグも完敗の【中国サッカー】
    • 【朝鮮族】をつなぐサッカー文化
    • 【カンフー映画】の盛衰と進化の旅
    • 極東【バイオレンス】映画祭
    • 急速に広がる【中国SF】の世界
    • 【中国映画】1兆円市場・真の良作
    • 【2.5次元ミュージカル】13億人が熱視線

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

NEWS SOURCE

    • レアル移籍の【久保建英】を狙う魑魅魍魎
    • 浜崎あゆみの二番煎じ!?【安斉かれん】て誰?
    • 【参院選】裏の見どころは「不正操作」?

インタビュー

    • 【井桁弘恵】令和初の仮面ライダー美少女
    • 【ゴジゲン】ずっと終わらない永遠の放課後
    • 【FNCY】ヒップホップのニュー・クラシック

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』