サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 【レイザーラモンHG】が受けた批判

――2005年、まさに後に“一発屋”と呼ばれるに相応しいレベルで大々的にブレイクしたHG。今はスーツに身を包み、コンビで漫才をやるのが主となりつつある彼に、改めて当時のハードゲイキャラの成り立ちと影響を尋ねた。

1611_onee3_520.jpg
(写真/西田周平)

――ハードゲイキャラはどういった経緯で誕生したのですか?

レイザーラモンHG(以下、HG) 最初は「ハードゲイ」というフレーズがきっかけでした。ケンドーコバヤシさん主催のイベントで、芸人のチャド・マレーンと一緒に変なくねくねダンスを踊ってスベってたら、ケンコバさんの「ハードゲイか!」っていうツッコミで、会場がバーンとウケた。

 ただ、当時はゲイカルチャーをまったく知らなかったので、そうツッコまれて「なんかちょっと嫌だな」と思いましたね。イベント終了後、ケンコバさんに「そんなこと言うの、止めてくださいよ」って言ったのを覚えています。でも、「ハードゲイ」という言葉はすごいインパクトがあったので妙に頭に残っていて、「ハードゲイをキャラクターにしよう」と思ったんです。

 それで、「ゲイの知識もなしにやったら申し訳ない」と思い、ゲイの知り合いの紹介で、大阪のゲイタウン・堂山へ勉強しに行きました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集

インタビュー