サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【ミュージックビデオ】のお値段
第1特集
どこにカネがかかる?MV制作費のウラ事情【1】

AKB48の予算は5000万円? EXILEは2億円で制作! ミュージック・ビデオの“お値段”大検証

+お気に入りに追加

――メジャー/インディ、邦楽/洋楽を問わず、数多のミュージック・ビデオがプロモーション・ツールとしてYouTube上にアップされており、それらを日頃から楽しんでいる読者も多いはず。では、この時代、MVはどの程度の予算をかけて制作されるのか? 映像制作会社の社員などに話を聞きながら、その実情を探りたい。

今年、話題となったのが、MVの“あるある”ネタを詰め込んだ岡崎体育「MUSIC VIDEO」。たった6万円で制作されたという。

 ミュージック・ビデオ(以下、MV)とは、その名の通りミュージシャンやバンドの楽曲に合わせて制作された、プロモーション用の映像作品である。MVは80年代にアメリカでMTVが登場したことにより急速に一般化し、90年代まではそのMTVやスペースシャワーTVといったCSの音楽専門チャンネルで放送されるのが常であった。しかし2000年代以降、インターネット動画の再生速度や画質が飛躍的に向上し、今やMVはYouTubeをはじめとする動画サイトで視聴するのが当たり前に。著作権に厳しかった音楽業界も、これを推奨している状況だ。

 最近では、スマホでの視聴を前提に縦型のインターフェースをMVで表現したlyrical schoolの「RUN and RUN」や、昨今のMVにおける“あるある”ネタを皮肉った岡崎体育の「MUSIC VIDEO」などがネット上で瞬く間に拡散。特に岡崎の作品は、「カメラ目線で歩きながら歌う」、「(女の子を)泣かす・躍らす・音楽聴かす・窓にもたれさす・倒れさす」、「何かを拾って振り返る」といった歌詞を映像で忠実に再現し、16年4月の公開から5カ月弱で900万回再生を突破。しかも岡崎は、このMVの制作費はわずか6万円だと自身のツイッターで明かしており、その言葉を信じるなら、費用対効果は絶大である。

 しかし一方で、音楽業界の市場規模がシュリンクするにつれ、MVの制作費も年々減少しており、まさに岡崎の歌った“あるある”の数々も、少ない予算の中で“それっぽく”仕上げるためのテンプレ集のようにも見える。本稿では、そんな日本のMV制作費事情に迫りたい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』