サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 細貝沙羅アナウンサー人事異動に見る女子アナに必要な資質
1607_hosogai02.jpg
フジテレビアナウンサー公式サイト『アナマガ』より

 カトパン退社後、特に目立った動きのなかったフジテレビのアナウンサー室だったが、6月末の人事で大きな異変があった。入社7年目の細貝沙羅アナが人事部に異動となった。同期の山崎夕貴アナが、フジのエースとして活躍するなか、ここ数年、格差は広がるいっぽうだったが、ここにきていよいよ残酷なまでに明暗が分かれる結果となった。

「人事部異動を聞かされた瞬間、相当ショックだったのか泣き出したそうです。学生時代に国民的美少女コンテストに出場するなど、そのアイドル系のルックスから将来を嘱望されていましたが、しゃべりはダメ、機転は利かないで、入社早々、女子アナ失格の烙印を押されました。ここ数年はニュースのフィールドキャスターで外回りが中心で、地上波で見かけることも少なくなっていました」(フジテレビ局員)

 いっぽう山崎アナの活躍は周知の通り。『ノンストップ』、『めざましテレビ』をはじめ、特番オファーもひっきりなしだとか。

「岡山大学出身の田舎系キャラらしく、素顔も素朴で飾らない性格なので、スタッフうけが抜群にいい。飲み会の店選びにもうるさい女子アナが多い中、個室じゃなくても気にせず和気藹々と飲んでいます。バナナマンの設楽をはじめ、芸人からもかわいがられ、山崎を名指しでオファーしてくる番組も少なくありません。多忙な山崎を心配して、室長が特番などの調整をするほど気を遣っています」(前出)

 細貝と山﨑を“同期のライバル”と見る局員すらもはやいないようだ。そんな細貝だが、アナウンス室に戻ることはあるのだろうか。またフリー転身の道は!?

「フリー女子アナが飽和状態の今、特筆すべきキャリアもない細貝をスカウトする事務所もないでしょう。アナウンス室でも今回の人事について同情する声は少なく、それよりも、みな『明日は我が身』と戦々恐々としています。他部署で地道に実績を残すことから始めるしかないでしょう」(スポーツ紙記者)

 細貝がまた女子アナとして活躍する日は来るのだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』