サイゾーpremium  > 特集2  > 『輝け』と強制される【若年女子】
第2特集
ネットで巨乳自慢する、JKたちの"自意識"【4】

ネット世代の現代女性が強いられる「汝、輝くべし」という過酷な“指令”

+お気に入りに追加

――現代女性がネットを中心に自己をさらし続ける、その背景にあるものとは? そこから見て取れる〝現代の病〟を、政治、フェミニズム等に詳しい女性学者が分析!

1606_3toku1s.jpg
『ニューヨークの女性の「自分を信じて輝く」方法』(大和書房)

 少し前の話になるが、2015年の春頃、安倍政権が「すべての女性が輝く社会づくり」という取り組みを発表し、かなりの数の女性たちがそれにイラっとさせられた。

 このキャッチコピーの何が問題だったか答えるのは簡単だ。首相官邸がドヤ顔で使用した「輝く」という言葉に、女性たちをイラっとさせた一番の原因があったからだ。

 官邸の犯したミスは、「輝く」という言葉が女性たちに行使する強制的な力を見落とし、「輝くこと」自体が現代の女性たちの生きる文脈を規定し、環境を決定してしまっていることに無自覚すぎる点にある。

 いち早く「輝く(=luminosity)」という言葉に注目していたのが、イギリスの文化研究者マクロビーだ。彼女によれば、「輝くこと」を運命づけられた現代の女性たちが生きているのは、「自己の生産という活動に、積極的に参加させられ、自分自身へのジャッジを厳しくしなければならない(…)商業的な領域は、若い女性たちへの直接の呼びかけを激増させていて、その呼びかけを拒絶するか、それに応えきれない女性たちには厳しいペナルティが待ち受けている」(The Aftermath of Feminism, Sage, 2009)ような世界だという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』