サイゾーpremium  > 特集2  > 【RaMu×辛酸なめ子】晒し続ける理由

――Vineに投稿した多くの“6秒自撮り動画”が同世代の女子高生の間で爆発的な人気となり、アイドルデビュー&グラビアデビューを果たしたRaMu。デビュー前の素人時代から、Gカップのバストを武器にヘン顔、コント、“やってみました”系、コスプレなど、ウケることならなんでもこいの彼女は何を思い、どこを目指しているのか? 同じく10代の頃から「メディア・アクティビスト」として活躍し続けている辛酸なめ子が挑む。

1606_3toku_06.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

RaMu すみませんが私、なめ子さんのこと知らなかったんです。けど今回いろいろ勉強してなめ子さんが心霊に詳しいって聞いて、今日はなめ子さんに心霊の話を聞きたいと思ってるんです。心霊体験は結構あるんですか?

辛酸なめ子(以下、なめ子) たまにですね。宇宙人に「私の星では女性は劣化しないんですよ」と話しかけられたことがあります。

RaMu エーッ! でも私も宇宙船なら見たことがあります。

なめ子 都内ですか?

RaMu いや、自宅近く、埼玉です。

なめ子 私も埼玉出身です。埼玉のJKもネットをやっているんですか?

RaMu ハイ、埼玉に限らず私のファンの方は北海道から沖縄までいます。

なめ子 ネットを始めたのはいつ頃?

RaMu 幼稚園の時、母の職場によく遊びに行ってて、パソコンで動画を見たりゲームをしたりしてました。両親共働きだったので、その頃からケータイも持たされてましたね。小4くらいになると周りでもちらほらケータイを持っている子が出始めて、高学年の時は学校裏サイトが問題になっていました。なめ子さんは?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那