サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 【安倍総理】のメディア操作の真相
第1特集
キーワードで読み解く、政治スキャンダルの今

メディアに叩かれすぎて腹痛になった安倍総理――政治スキャンダル消滅はメディア統制のおかげ!?

+お気に入りに追加

――ロッキード事件などをはじめ、かつては首相のクビさえ獲らんとする政治スクープが新聞を賑わせていた。だが近年、そうしたスクープはとんとなくなり、出てきたとしても、セクハラや失言など矮小なものばかり……一体なぜなのか? ここでは政治の現場にいる記者や識者が、その謎を解説する。

1605newss.jpg
『安倍晋三 沈黙の仮面: その血脈と生い立ちの秘密』(小学館)

 今年に入ってからも、口利きの見返りに現金を受け取っていた疑惑が報じられ、閣僚を辞任した甘利明TPP担当大臣をはじめ、「育休議員」でありながら、妻の出産入院中に女性タレントとの不倫が発覚し、議員辞職に追い込まれた宮崎謙介、昨年には、疑惑献金で農林水産大臣を辞任した西川公也、知人に投資を持ちかけ金銭トラブルを起こしていただけでなく、未成年男性の買春まで報じられた武藤貴也など、政治家の引き起こすスキャンダルは枚挙にいとまがない。

 女性問題は昔から相変わらずだが、佐川急便事件で5億円の政治献金を受け取っていた金丸信、政界の各人に6億円余りの売却益をもたらしたリクルート事件、橋本龍太郎、野中広務、青木幹雄ら自民党幹部がそれぞれ1億円ずつ受け取った日歯連闇献金事件など、かつて、金権スキャンダルでは、億単位といわれる金額が政界を飛び交っていた。しかし、現役閣僚である甘利や西川が受け取ったとされる金額は、わずか数百万円にすぎない。同じ金権スキャンダルとはいえ、その内実は大きく変わっているのだ。いま政治スキャンダルの世界には、どのような変化が起こっているのか? 今回、そんな疑問を識者たちにぶつけると、「派閥の崩壊」「人材の劣化」、そして「メディア対策」という3つのキーワードが見えてきた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』