サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 【安倍総理】のメディア操作の真相
第1特集
キーワードで読み解く、政治スキャンダルの今

メディアに叩かれすぎて腹痛になった安倍総理――政治スキャンダル消滅はメディア統制のおかげ!?

+お気に入りに追加

――ロッキード事件などをはじめ、かつては首相のクビさえ獲らんとする政治スクープが新聞を賑わせていた。だが近年、そうしたスクープはとんとなくなり、出てきたとしても、セクハラや失言など矮小なものばかり……一体なぜなのか? ここでは政治の現場にいる記者や識者が、その謎を解説する。

1605newss.jpg
『安倍晋三 沈黙の仮面: その血脈と生い立ちの秘密』(小学館)

 今年に入ってからも、口利きの見返りに現金を受け取っていた疑惑が報じられ、閣僚を辞任した甘利明TPP担当大臣をはじめ、「育休議員」でありながら、妻の出産入院中に女性タレントとの不倫が発覚し、議員辞職に追い込まれた宮崎謙介、昨年には、疑惑献金で農林水産大臣を辞任した西川公也、知人に投資を持ちかけ金銭トラブルを起こしていただけでなく、未成年男性の買春まで報じられた武藤貴也など、政治家の引き起こすスキャンダルは枚挙にいとまがない。

 女性問題は昔から相変わらずだが、佐川急便事件で5億円の政治献金を受け取っていた金丸信、政界の各人に6億円余りの売却益をもたらしたリクルート事件、橋本龍太郎、野中広務、青木幹雄ら自民党幹部がそれぞれ1億円ずつ受け取った日歯連闇献金事件など、かつて、金権スキャンダルでは、億単位といわれる金額が政界を飛び交っていた。しかし、現役閣僚である甘利や西川が受け取ったとされる金額は、わずか数百万円にすぎない。同じ金権スキャンダルとはいえ、その内実は大きく変わっているのだ。いま政治スキャンダルの世界には、どのような変化が起こっているのか? 今回、そんな疑問を識者たちにぶつけると、「派閥の崩壊」「人材の劣化」、そして「メディア対策」という3つのキーワードが見えてきた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』