サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 王室にも潜入!【英国タブロイド】
第1特集
イギリス大衆紙のクレイジーな取材と紙面【1】

スクープもあれば大誤報もあり!王室潜入や盗聴でネタをつかむ!英国タブロイドのゲスな破壊力

+お気に入りに追加

――「ザ・サン」や「デイリー・ミラー」など、日本のワイドショーでもしばしば記事が紹介されることがあるイギリスの大衆紙=タブロイド。下世話な紙面で知られるそれらは、同国のいわゆる階級社会とも深く結びついてきた。そして、日本のスポーツ新聞や写真週刊誌ではあり得ない手法で、あらゆるスキャンダルをえぐり出すのだ──。

1605_tabloid1.jpg
「ザ・サン」の日曜版「ニュース・オブ・ザ・ワールド」は、数々の記事で行っていた盗聴が大スキャンダルに発展し、2011年に廃刊した。

 イギリスの新聞は、大きく二分される。ひとつは、高級紙(クオリティー・ペーパー)、そしてもうひとつはタブロイドである。

 高級紙には、世界最古の日刊新聞「タイムズ」や「デイリー・テレグラフ」「ガーディアン」「インディペンデント」「フィナンシャル・タイムズ」がある。一方、タブロイドは、日本でいえば「アサヒ芸能」や「週刊実話」などのオヤジ週刊誌、スポーツ紙のようなもので、芸能スキャンダル、エロ、政治家やセレブバッシング、スポーツ記事などを掲載。人々は駅の売店などでその日の見出しを見て面白そうなものを買い、読み捨てていく。

 代表的なタブロイドには、「ザ・サン」「デイリー・スター」「デイリー・ミラー」などがある。これらは新聞名が1面上部の赤地に刷られているので「レッド・トップ」、または「大衆紙」とも呼ばれ、読者層は労働者階級が中心となってきた。もう少し中流階級寄りの層──ロウワーミドルクラスをターゲットにしたタブロイドとしては、「デイリー・エクスプレス」「デイリー・メール」などがある。

 そう、イギリスは階級社会。どの階級に属するかによって、読む新聞も違うのだ。イギリス在住ジャーナリストで『フィナンシャル・タイムズの実力』(洋泉社)などの著書で知られる小林恭子氏は、タブロイドの読者層についてこう解説する。

「大ざっぱではありますが、ブルーカラーの労働者階級、およびホワイトカラーでも大学に行っていないロウワーミドルクラスが主な読者といえます。ミドルクラス以上で大卒以上の知識層が読むのは高級紙。労働者階級と中流階級以上とでは、食べ物の嗜好や余暇の過ごし方、視聴するテレビ番組などさまざまなことが違うため、読む新聞もおのずと異なります」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』