サイゾーpremium  > 連載  > 学者・萱野稔人の"超"哲学入門  > 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
連載
哲学者・萱野稔人の"超"哲学入門 第25回

奴隷道徳である「ルサンチマン」が「創造的」になると"道徳"を創りだし、社会を支配する

+お気に入りに追加
1603_kayano_01.jpg
(写真/永峰拓也)

『道徳の系譜』

ニーチェ(木場深定訳)/岩波書店(40年)/780円+税
1887年に刊行されたニーチェの代表作のひとつ。西洋文明で築かれてきた道徳的な価値観の系譜を考察し、それを批判することによって根本的な価値転換の可能性を探る。現代に至るまで数多くの哲学者に大きな刺激と影響を与えた。

『職業としての政治』より引用
道徳上の奴隷一揆が始まるのは、《反感(ルサンチマン)》そのものが創造的になり、価値を産み出すようになった時である。
ここに《反感》というのは、本来の《反動(レアクション)》、すなわち行動上のそれが禁じられているので、単に想像上の復讐によってのみその埋め合わせをつけるような徒輩の《反感》である。
すべての貴族道徳は勝ち誇った自己肯定から生ずるが、奴隷道徳は「外のもの」、「他のもの」、「自己でないもの」を頭から否定する。
そしてこの否定こそ奴隷道徳の創造的行為なのだ、評価眼のこの逆倒――自己自身へ帰るかわりに外へ向かうこの必然的な方向――これこそはまさしく《反感》の本性である。

 読者のなかには「ルサンチマン」という言葉をきいたことのある人も少なくないでしょう。おもに“負け組”の人が“勝ち組”の人に対してもつ「反感」や「非難」「ねたみ」の感情をさす言葉です。

 たとえば私たちはうまくいっている人をみると何となくその人を非難したくなりますよね。ライバルだった同期社員が自分より早く出世すると「どうせアイツは上司にゴマばかりすっていたからたまたま出世できただけだ」と、つい思ってしまう。自分より早く出世した同期の実力を認めるどころか、ねたみからアラさがしをして相手を非難したくなるわけですね。これがルサンチマンです。

 金持ちがしばしば反感の対象となるのも同じです。私たちは金持ちに対してうらやましいと思いつつも、つい「お金があるからといって幸せとはかぎらない」などと考えてしまう。むしろうらやましいと思うからこそ、「お金があるからといって幸せとはかぎらない」と金持ちの「価値」を少しでも低くしようと思ってしまうんですね。これも「ルサンチマン」の典型です。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論
    • 若者の42%が【チェリー】なSEX事情
    • ポルノ動画サイトの【奇妙なタグ】
    • ヤバい【動画タグ】10選
    • フェイクポルノ天国【中国】の技術力
    • 最先端の【AIモザイク除去】に驚愕
    • AV女優【ハダカの値段】は変わったか
    • 80年代人気AV女優は【風俗】へ?
    • 性的コンテンツにされる【貧困女子ネタ】
    • 【貧困】というコンテンツの課題
    • なぜ【第七世代】は童貞を表明するのか
    • 子どもに【性】を教える奥深き絵本
    • タブーを破る【新宿二丁目MCバトル】
    • 【MC漢】が語るオネエスタイルダンジョン
    • 【現役肉食JD】赤裸々SEX座談会
    • 堕胎産業が普及を阻む日本の【ピル】事情
    • 【ピル】の程普及率とマタハラ
    • 女性が描き読む【マンガのペニス】
    • 大島薫【BLのペニス】レビュー
    • 【ペドフィリア】のキワどい治療
    • 【ミーガン法】の成り立ちと欠点

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

NEWS SOURCE

    • 台風で露呈した【安倍政権】の緩み
    • 音楽業界【アーティスト収入格差】
    • 【かんぽ不適切販売】の余波

インタビュー

    • 【甲斐まりか】英語も独語も操る人気モデル
    • 【葵揚】『いだてん』で輝くイケメン坊主
    • 【owls】煙たいグルーヴの重厚ヒップホップ
    • 【CHAI】NEOかわいいで世界を狙う

連載

    • 表紙/大間乃トーコ「ワンピースのボタンが飛んじゃうんです」
    • 【清水綾乃】健康美グラドル
    • 【KEIKO】とマナブ
    • モバイル研究家に聞いた【5G】への期待と不安
    • 【萱野稔人】人間の本性としての暴力と協力
    • 未知の可能性を秘めた【奥東京】
    • 【m-flo】多様性を体現する3人の帰還
    • 町山智浩/【ジョン・デロリアン】開発者と隣人がたどる数奇な運命
    • 【アマゾン大火災】と日本企業の関係
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/あるいは大腸菌でいっぱいの海
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【生理ちゃん】が男性にもたらした功績
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
    • 更科修一郎/幽霊、精神的福祉国家の眠れる奴隷。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』