サイゾーpremium  > 特集  > 宗教  > テロが【フランス音楽】に与える影響

――昨年1月に起きた「シャルリー・エブド」襲撃事件。同年11月には、同じくフランス・パリの複数の地で、イスラム国による同時多発テロ事件が起きた。フランスを拠点とするアーティストや、世界各国のミュージシャンたちによる音楽での追悼など、それらによってフランスがどのように変わったか、仏在住のライターがレポートする。

 イスラム国によるパリ同時多発テロ事件から、間もなく3カ月が経過する。パリの街はテロ前と変わらない日常が戻りつつあるが、犠牲者の家族や友人が負った心の傷は、いまだ癒えていないのも事実だ。本稿では、テロ以降に哀悼の意を表した世界的アーティストのパフォーマンスから、フランスのムスリム系移民らによって育まれた〈ラップ・フランセ〉との関係性、そして現地でしか感じることのできない事件後の報道のあり方などを、多角的に見渡していきたい。

続々と哀悼の意を表すアーティストたち

1603_music_07.jpg
テロによって実姉を失ったラッパーのクリムサ・ンゴーは、テロの現場となった場所を曲のタイトルにし、「思い出の写真は、憎しみを抑えるための写真」といったメッセージをラップしている。

 まず、テロの起きた11月13日の翌日から17日まで、パリ市内で予定されていたU2、モーターヘッド、フー・ファイターズ、プリンス、マリリン・マンソンらのコンサートは軒並み中止となり、音楽イベントをはじめ、学校や美術館なども閉鎖され、現地の人々や、観光客らが多く集まる場所へ行くことははばかられた。

 それから約3週間後の12月初旬、11月14~15日の2日間で予定されていたU2のコンサートがパリで開催。彼らのコンサートにサプライズ・ゲストとして登場したのは、テロの標的となった(犠牲者130人のうち89人が亡くなった)パリのバタクラン劇場で公演していたイーグルス・オブ・デス・メタルのメンバーだった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』