サイゾーpremium  > 連載  > 林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」  > 【会田誠】が"赤塚不二夫"と"バカ"について語る
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【10】

バカで間違ったトークゆえの誠実さ――【会田誠】が東大バカ田大学で"赤塚不二夫"を語る

+お気に入りに追加

――元放送作家で、現在は脚本家として心機一転活動する林賢一が、生のトーク現場に裸一貫突入! 事務所の大看板・古舘伊知郎を始めとした先達たちが繰り広げるトークライブをレポートする。

今月のトークライブ

1603_hayashi_01.jpg

赤塚不二夫生誕80年企画「バカ田大学」

人物:会田誠 講師:会田誠 日時場所:2016年1月27日 @東京大学本郷キャンパス 山上会館
「バカは死んでも治さないのだ」をキャッチコピーに、赤塚不二夫生誕80年を記念して開催される、次世代メディアコンテンツクリエイター養成講座。東大にて3月まで行われる予定。


 赤塚不二夫生誕80年企画として、最高にくだらない講座が開催された。『天才バカボン』に登場する、あの「バカ田大学」が東京大学で開講されるのだ。講師陣は、みうらじゅんをはじめ、宮沢章夫、茂木健一郎、養老孟司、宇川直宏(敬称略)など豪華文化人が勢揃い。「これでいいのだ」に代表される赤塚イズムを再発見すべく、各講師陣が「バカ」をテーマに東大の教壇で授業を行うという。くだらないことを真剣にやるスピリットに大いに共感した筆者は、早速講座を申し込んだ。

 いざ東大へ! 受講するのは、現代美術家・会田誠さんの講義「僕のバカアート」だ。2012年に東京・森美術館で行われた大規模回顧展「会田誠・天才でごめんなさい」が現代美術では異例の約49万人の観客を動員したことは記憶に新しい。素晴らしすぎて館内を3往復もしたのは良い思い出である。また、本誌の特別対談(13年9月号)で残した「学校の備品で作った等身大の作品もアート」という言葉は今でも印象的だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』