サイゾーpremium  > インタビュー  > 【相場英雄】──ミステリ界の要注意人物の告発
インタビュー
28万部突破のベストセラー『震える牛』の続編、その中身は?

【相場英雄】日本経済を支えるあの企業を告発!? ミステリ界の要注意人物が警鐘を鳴らす日本沈没の未来

+お気に入りに追加

――緻密な取材に基づいた日本経済の問題点を、ミステリという形で告発してきた著者が、今回ターゲットにしたのは……。

1603_aiba_01.jpg
(写真/永峰拓也)

 ドラマ化もされた28万部突破のベストセラー『震える牛』の続編『ガラパゴス』が話題だ。

 オーソドックスな警察小説の体裁を取りながらも、そこには経済大国ニッポンの屋台骨を支えてきた自動車&電機の2大産業が抱える闇と矛盾がテンコ盛り。とある派遣労働者の死を端緒に動きだす事件のスケールの大きさ、舌鋒のするどさは、さすがBSE問題に斬りこんだ前作で食肉業界を大いにザワつかせた“要注意人物”な著者だけのことはある。

「企画が通った当初は、大企業のドロドロとした思惑なんかをもっとクローズアップするつもりでいたんです。一般の消費者が勝手に抱いている“ジャパン・アズ・ナンバーワン”的なイメージに対して、もはや全然そんなことないんだよって言いたくて。

 でも、ふと気になってそこで働いている人たちにフォーカスしてみたら、いつから日本はこんなにヒドい国になったんだっていう暗部が見えてきた。これまで僕自身がまったく知り得なかった、恐ろしい現実に直面したんです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ