サイゾーpremium  > 連載  > 林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」  > 【黒柳徹子】縦横無尽のトーク神
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【8】

客を『徹子の部屋』へ誘う…トークの神様【黒柳徹子】の縦横無尽な話芸

+お気に入りに追加

――元放送作家で、現在は脚本家として心機一転活動する林賢一が、生のトーク現場に裸一貫突入! 事務所の大看板・古舘伊知郎を始めとした先達たちが繰り広げるトークライブをレポートする。

今月のトークライブ

1601_hayashi_01.jpg

番組40年突入記念 第10回『徹子の部屋』コンサート in 日本武道館

人物:黒柳徹子 日時場所:2015年11月30日 @日本武道館
日本を代表するトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日)の放送40年突入を記念し、日本武道館で行われたコンサート。当日の模様は2016年2月に放送予定。

 第66回紅白歌合戦の総合司会を黒柳徹子(82歳!)が務めることになった。そんな彼女の代表する、いや、日本を代表するテレビ番組『徹子の部屋』(テレビ朝日)が今年5月に放送1万回を超え、同一司会者によるテレビトーク番組最多放送のギネス世界記録に認定された。ゲストへの無茶ぶり、そして破天荒なやりとりなど、もはや“生きる伝説”と言っても控えめなくらいだ。それもそのはず、徹子はテレビ女優の第一号であり、テレビ誕生と共に活動を始めて進化を続けたテレビトークの生き字引。「黒柳徹子」と書いて「トーク」と読んでも試験で点数がもらえそうな、そんな領域にいる“トーク神”だ。

 そんな彼女の生トークを聴くため【第10回「徹子の部屋」コンサートin日本武道館】に行ってきた。チケットはソールドアウトで会場は満席。加山雄三、和田アキ子、さだまさし、南こうせつ、森山良子、近藤真彦らのライブを、ど派手なゴールドドレスに身を包んだ徹子が、ステージに設置された『徹子の部屋』セットに座って鑑賞。その合間に、トークを繰り広げる構成であった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』