サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 『町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」』
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第93回

『WHITEY』――ボストン暗黒街の“ドン”が最後に行き着いた場所

+お気に入りに追加

『WHITEY』

1509_machiyama_01.jpg

学問の街として知られるアメリカ東部の街ボストン。ヨーロッパの風情を残す街並みとは裏腹に、港湾部では売春や賭博、麻薬などがはびこっている。その暗黒社会を仕切るホワイティ・バルガーの半生を描いたドキュメンタリー作品。今年には、ジョニー・ディップがホワイティを演じる『ブラック・マス』も公開予定。

監督:ジョー・バーリンガー/日本公開未定。


 ボストンはハーヴァード大学やMITなど学問の街として知られ、ヨーロッパのような落ち着いた風情がある。しかし、その周辺、サウスボストンやチャールズタウン、ドーチェスターなどの港湾部は違う。

 もともと、港湾労働者として働くアイルランド移民の街で、今もアイルランド訛りがきつい。映画『ディパーテッド』(06年)で刑事役のマーク・ウォールバーグが話している奇妙な英語がボストン訛りだ。下町は、港湾労働者を仕切っていたヤクザから発展したアイルランド系ギャングに支配されている。

 ボストン出身のベン・アフレック監督がチャールズタウンを舞台にした映画『ザ・タウン』(10年)は、強盗を家業としてきた父子の物語。ドーチェスター出身の俳優マーク・ウォールバーグは、10代からドラッグ密売で高級車を乗り回し、アジア系の男性を理由もなく暴行して片目を失明させ、刑を受けている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載