サイゾーpremium  > 特集2  > いま【アニメCM】が面白い!?

――アニメ業界のビジネスモデルが、限界を迎えている中で、そんなアニメ制作に熱視線を送っているのが広告業界だ。CMオリジナル作品も徐々に増えつつある中で、新しい市場は生み出されるのか?

1507_anime_10.jpg
Z会のCMとして放送されている『クロスロード』。新海誠の美しい世界観が胸にくる良作で、CMであれど、目が止まってしまう。

 ジブリの制作部門休業などが話題になるにつけ、アニメ業界の中で、正しくお金が回っていない状況が、改めて透けて見えてきた。

「実際、アニメ制作会社は儲かってないと言われつつも、制作本数は増えていて、収益がバラけてしまっているのもある。一方で、実はTOKYO MXやテレビ東京などのテレビ局は意外とアニメの収益で稼いでいる。さらに、製作委員会方式が限界に来ているというのを、問題視している人もかなりいる。その理由としては、作品の権利がバラバラになったり、何を決めるのも全体の合意が必要なので意思疎通が遅く、結局グッズ化も固定化されるなど、全体的に硬直化してしまっていることが挙げられます」(広告代理店営業)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』