サイゾーpremium  > 特集  > アイドル  > 芸能マネが語る【能年洗脳騒動】
第1特集
業界関係者の"能年評"

所属事務所レプロと能年玲奈の関係はなぜこじれたのか? 芸能マネが語る能年“洗脳騒動”

+お気に入りに追加

――やっぱり芸能界のことを聞くなら、その内側にいる人に尋ねるのが一番!? というわけで、芸能プロマネージャーやメディア関係者など芸能界に精通したお歴々に集まっていただき、ちまたで話題の“能年騒動”をどう見るか、そして能年玲奈という女性の魅力そのものについて語り合っていただきました!

nounen1507s.jpg
『ぐりぐりぐるみ』(東京ニュース通信社)

[参加者]
A:大手芸能事務所制作デスク
B:中堅芸能プロマネージャー
C:大手週刊誌デスク

A 「フライデー」の生ゴミ先生との“手つなぎ写真”はなかなか衝撃的でしたね(笑)。でも、レッスンの先生とタレントが通じ合ってしまうケースって少なくないんじゃないですか?

B ヘアメイクやカメラマン相手ならザラにあるよね。異性同士だったら男女の仲になっちゃうことも多いし。

C 一連の報道はレプロの本間憲社長に対する“芸能界のドン”周防郁雄氏による牽制で、周防さんが能年寄りの情報を「週刊文春」に流していて……といった陰謀論めいた話も出てますが……。

A それはないと思うな。周防さんはいま、息子の彰悟さんが事務所内でトラブルばかり起こしてマネージャーが何人も辞めちゃったりで大変。そんなヒマじゃないと思うな(笑)。

B でも、文春に書いてあった通り、レプロのナンバー2だった本田真也さんがレプロアスターという関連会社に出されたことで、昔のレプロのほうが良かったという人がいるのも確か。とはいえ、やっぱりレプロは本間社長の会社ですしね。

A 本間社長はイケメンだしスラっと背が高い紳士なんだけど、実は昔は暴走族だったなんて噂もあるくらい体育会系のコワモテですよね。

B そういう暴走族的な感覚で、まさに暴走族が主人公の『ホットロード』を能年にやらせたのかも(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』