サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【国歌】をアーティストが歌う意義
第1特集
「君が代」問題と歴史的背景【1】

その歌い方は不敬に当たる!? 根深き「君が代」問題考察

+お気に入りに追加

――入学式や卒業式の学校式典に限らず、あらゆるスポーツの開幕式や閉幕式、試合直前などで耳にすることが増えた国歌「君が代」。ここでは1999年の法改正以前から続く「君が代」問題を振り返りながら、アーティストによる国歌独唱・斉唱に注目してみたい。

1506_kimigayo_01.jpg
(絵/HELLHAMMER)

 日本には“国歌”と“国旗”が存在し、1999年の「国旗及び国歌に関する法律」可決後、国歌が「君が代」、国旗は「日の丸」(法律上は日章旗)と制定された。本稿では国際的な行事やスポーツイベントなどの場面で、アーティストによって歌われる「君が代」について考えてみたい。

「君が代」は19世紀末、日本が明治維新によって江戸幕府の封建社会から近代国家へと変遷していく途上で誕生した。歌詞は『古今和歌集』に収録された詠み人知らずの歌がもとになっている。その後、1900年の「小学校令施行規則」により、祝祭日の儀式において、職員と児童は「君が代」を斉唱することが定められ、国民の間に浸透していった。

「君が代」の立ち位置に大きな変化が訪れるのは、20世紀初頭に日本が軍国主義へと傾倒した時期。『「君が代」日本文化史から読み解く』(杜こなて/平凡社新書)から引用すると、それまで「君が代」の歌詞は「より良い時代の訪れを言祝ぐ内容が紡がれていた。元々、祝い歌の言葉」であったが、30年代に入り、天皇の神格化が進むと「君が代」の持つ意味は恣意的に扱われるようになる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』