サイゾーpremium  > 連載  > 佐々木俊尚のITインサイドレポート  >  【佐々木俊尚】の「ITインサイドレポート」
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第83回

最新型動画ニュースサイト「NowThis」が示す来たる”ストリームの時代”

+お気に入りに追加

進化の歩みを止めないIT業界。日々新しい情報が世間を賑わしてはいても、そのニュースの裏にある真の状況まで見通すのは、なかなか難しいものである――。業界を知り尽くしたジャーナリストの目から、最先端IT事情を深読み・裏読み!

1505_sasaki_01.jpg
シンプル極まりない構成とメッセージが提示された、ナウ・ディスのウェブサイト。

 さまざまなニュースやウェブサイトの更新情報を、いちいちそのサイトを訪れずに見る方法として、かつてはRSSがあり、近年ではフェイスブックがそうした利用の場となっている。この流れはますます加速し、ウェブサイトの収益モデルを変えてゆく可能性すらありそうだ。

 動画のスタートアップ企業ナウ・ディス(NowThis)が、自社のウェブサイトでのメディア展開を終わらせ、今後はソーシャルメディアのプラットフォーム上だけに動画を配信していく、と宣言して話題を呼んでいる。

 同社のウェブサイトを見てみると、「ホームページ。この言葉はもはや古く聞こえる。今、ニュースは、あなたのいる場所にあるのだ」などと書かれ、その下にはフェイスブックやツイッター、タンブラー、YouTubeなど各種プラットフォームへのリンクが並んでいるだけだ。確かに動画はサイト上には掲載されていない。新興メディアのバズフィードも最近さかんに「ウェブのないメディア」というコンセプトを提案しており、ナウ・ディスはこれをいち早く実践したということなのだろう。

 今メディアに求められているのは、読者のニーズに的確に対応したコンテンツをいち早く提供することだ。これを満たすためには、自社サイトへのリンクをクリックしてもらうという面倒な手間を読者に求めることではなく、読者がいつも滞在している場所に出かけていって、そのプラットフォームでコンテンツを丸ごと提供してしまうことが大切であり、それはマーケティング戦略としてきわめて正しい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』