サイゾーpremium  > 特集2  > 【不倫松村】は総スカン…まるで私立女子高な内部事情

――紅白出場こそ逃したものの、結成から3年、いまやAKB48グループの中で2番目の売り上げを誇るまでに上り詰めた乃木坂46。ただし、 AKB48の公式ライバルとうたいながらも、日常的にライブが行われているAKBとは違いライブは年に数回、メンバーの出自や楽曲に関しても、AKB48グループとはそのあり方が大きく違っているようだ。そこで本企画では、AKB48と比較しつつ、いま破竹の勢いにある彼女たちの魅力を伝えてみたい。

1501_にとく_01.jpg
今年8月30日に東京・神宮球場で開催された、乃木坂46単独ツアー最終公演。休業中であった生田絵梨花が"復活"し、ファンを熱狂させた。

 いま、乃木坂46(以下、乃木坂)がキている。10月8日に発売した通算10枚目のシングル「何度目の青空か?」は、オリコンランキングで発売初週売り上げが47・9万枚。11月26日発売の「希望的リフレイン」で20作連続初週ミリオンを達成した本家AKB48(以下、AKB)には遠く及ばずとも、7月30日発売の「不器用太陽」の初週売り上げが32・4万枚だったSKE48を抜き去り、関連グループではいまやナンバーツーともいわれている。

 スキャンダルでもキている。下馬評では出場が確実視されていた『第65回NHK紅白歌合戦』。ファンの間ではその落選の要因ではないかともささやかれている、「週刊文春」(文藝春秋)10月16日発売号でスッパ抜かれた人気メンバー松村沙友理の”路チュウ”騒動でも、世間を大いに騒がせたばかりだからだ。

「しかもお相手が、グラビア掲載などで関係も深い集英社の既婚編集者だった。結成3年目のグループ初スキャンダルがよりにもよってこれですから、ファンの間では"不倫""枕営業"などと騒がれました」(週刊誌記者)

 それもそのはず、乃木坂がデビュー以来推し進めてきたイメージ戦略のカギは"清楚さ"。ゆえにこそ乃木坂は、恋愛スキャンダルからはほど遠いと思われてきたのだ。実際乃木坂の面々は全員がほぼ黒髪で、メイクも派手ではない。衣装はAKBと同じ制服をモチーフにはしていても、スカート丈は短くても膝上10センチ程度。もちろん、衣装で水着姿になることは皆無だ。

 事実、肌の露出については、出演するメディアに対しても厳しくチェックが入るそうで、ある週刊紙のグラビア担当者は「事務所への写真チェックの際、胸元が見えていたりすると、写真を使うなとか修正しろとか、細かく指示が入って面倒」と語り、戦略的にセクシャルな要素を排除しようとしているのがわかる。

 かように乃木坂とAKBは、秋元康プロデュースの似たものグループに見えようとも、実はその内実は大きく違う。そこで本稿では、すでによく知られたAKBを比較対象としつつつ、乃木坂の快進撃の理由を探っていきたいと思う。

ヤンキー高校AKBと私立のお嬢様校乃木坂

1501_にとく_02.jpg
2013年9月28日に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催されたファッションイベント「ガールズアワード2013 AUTUMN/WINTER」にゲスト出演した乃木坂46の面々。実に清楚でございます。

 AKBは周知の通り、「会いに行けるアイドル」をコンセプトに秋葉原の小さな劇場からのし上がった。一方乃木坂は、いわばAKB48の威を借り、完全にお膳立てされたなかで華々しくデビューを飾ったグループだといえる。

 乃木坂が、ソニー・ミュージックエンタテインメント(以下、SME)と秋元康の新アイドルプロジェクトとして誕生したのは11年8月。同年7月から行われた「AKB48公式ライバル乃木坂46~来た人全員スナップオーディション~」には総勢3万8934人が応募、応募者総数7924人であった05年のAKBオープニングメンバーオーディションの実に約5倍である。その後5回の選考を経て、乃木坂46に合格したのは36人。グループ名の「乃木坂」は、最終オーディションが行われた「SME乃木坂ビル」に由来、「46」には「AKBより人数が少なくても負けない」という、秋元康の意気込みが込められているのだという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

ヤバい本150冊

ヤバい本150冊
    • どうなる【出版業界】の諸問題
    • 【クラウドファンディング】ヤバい本
    • 【ネットの自由】を啓発する思想本
    • 【A-THUG×BES】の獄中読書
    • 識者が推す【ラップ】現代史選書
    • 【橘ケンチ×手塚マキ】読書の愉楽
    • 【椿原愛】Fカップ読書グラビア
    • ベストセラーを生む【書籍広告】
    • 【アジア移民文学】に見る差別の現実
    • 【世界の移民】たちが叫ぶ幸福論
    • 増加する【脱北者】文学
    • 【朝の読書】のイビツな思惑
    • ポリコレNGな【童話】の世界
    • 米国で【禁書】扱いされる童話
    • 【人間革命】本としての評価

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集

インタビュー

連載

    • カバーガール/平嶋夏海
    • 【高崎かなみ】期待の新人モデル水着撮
    • 【川栄】ベイビー
    • 【Wi-Fi】の電波が人を安心させるサービスに
    • 【更科功】化石人類から見える人間の根源(後)
    • 高須基仁/後藤新平と大谷翔平の2大「平」が時代を切り開く
    • 罵声飛び交う【三社祭】の醍醐味
    • 過酷な中国受験戦争【教育アプリ】の進化
    • 【ゲーム・オブ・スローンズ】とヒップホップ党
    • 町山智浩/【ロング・ショット】ロマコメの最新系主人公
    • 【官邸】への権限集中が招く弊害と行く末
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/トランプと接待バカ一代
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『家族はつらいよ』後期高齢者向けポルノの戯論
    • 【処方薬でキマる】アメリカ薬物事情
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊藤文學/三島由紀夫に美輪明宏、薔薇族を彩った著名人
    • 幽霊、卑しき自己啓発本サロン商売。
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」