サイゾーpremium  > 連載  > 過激なコラムニスト発掘!CYZO COLUMN CURATION  > 【西森路代】「戦隊ヒーロー発・無所属経由イケメン舞台に還ってきた男」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で【10】

【西森路代】「戦隊ヒーロー発・無所属経由イケメン舞台に還ってきた男」

+お気に入りに追加

――見られ・選ばれ・生きてゆく?“イケメン”から見える現代社会

1501_ccc_06.jpg
現在出演中の舞台「私のホストちゃん」では“幹部系”を演じます。

本連載久しぶりのインタビューは、2000年代前半、『爆竜戦隊アバレンジャー』(テレビ朝日)のアバレブルー役などで活躍していた富田翔さん。26歳で事務所を離れ、小劇場で経験を積み、32歳になった今も、昨年ヒットしたBL映画『どうしても触れたくない』などに出演している。山あり谷ありの俳優業10年の中で感じたこととは?(3回連続掲載予定)

――この世界に入ろうと思ったきっかけってなんですか?

富田 高校3年生の頃ですね。当時の学校の仲間に面白がってほしい一心で、芸能の世界を目指しました。デビューして、ヒーローショーにみんなが来てくれたのは嬉しかったです。

――20歳でデビューし、26歳で事務所を辞めてから一年間、どこにも所属していない時期もあったそうですね。

富田 今考えるとそういう時期があってよかったけど、きつかったといえばきつかったですね。その間はバイトしてました。プロダクション尾木さんに8年間いて、育ててもらったありがたみを感じました。

――なぜ事務所を辞めたのですか?

富田 尾木さんにいた頃は、映像作品が多かったので、芝居に触れている時間が少なくて。小さい作品でもいいから、芝居に触れている時間を増やさないといけないと考えて、自分から辞めさせてくださいとお願いしました。社長は、「30歳までの3年間をどう生きるかが勝負だぞ」って言ってくださって。実は僕、人生で2回転機があるんです。その1回目は、事務所を辞める前、22歳の時でした。(続く)

富田翔(とみた・しょう)
1982年、東京都生まれ。02年『ごくせん』でデビューし、03年『爆竜戦隊アバレンジャー』に出演。近年は映画・舞台を中心に活躍中。書道家の家に生まれ、書道デザイナーとしても活動。出演舞台『私のホストちゃん』大阪公演が12月26〜27日上演。

西森路代(にしもり・みちよ)
1972年、愛媛県生まれ。フリーライター。アジア系エンタメや女性と消費に関するテーマなどを執筆。著書に『Kポップがアジアを制覇する』(原書房)、『女子会2.0』(共著/NHK出版)など。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ