サイゾーpremium  > 特集2  > 【経営難の大学】を救うのはアイドルだ!?
第1特集
アイドルはなぜ大学に進学するのか?【1】

早稲田も慶應も、いまやタレントだらけ!! アイドルたちはなぜ大学進学を選ぶのか?

+お気に入りに追加

――いまや大学全入時代を迎え、一般入試だけでなく推薦やAO入試を駆使して誰でも大学に行くこの時代。当然、大学進学をする芸能人も増えた。そんな中でも、特に商品価値の最も高い10代の貴重な時間を削ってまで大学進学を目指すアイドルたちは、何を目的に進学を望むのか。アイドルたちの受験事情を追うと、そこには大学経営と芸能界の世知辛い現実が見えてきた。

1412_2toku_01.jpg
都心から通うのに1時間弱はかかる慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス。それでも、多くのタレント・アイドルが在籍している。

 大学全入時代といわれて久しいが、昨今、芸能活動を行うタレントであっても大学に進学する例は珍しくない。1999年に広末涼子が早稲田大学教育学部に入学した際、入学式に報道陣が押し寄せ世間を大いに騒がせたのも今は昔。いまや、たとえ人気絶頂期にあるタレントであっても、かつてほど大学進学がセンセーショナルな響きを帯びることもなくなった。それは、同年代のファンの前で歌い舞い踊るアイドルにおいてさえも、まったく変わりはない。

 しかし、大学入学には受験勉強が必要である。一般入試においてはもちろんのこと、推薦枠での入試でも、高校時代の成績や出席率で内申点を稼いでおかねばならない。にもかかわらず、そうした高校時代を含む10代の時期にこそバリバリと仕事をこなさねばならないはずのアイドルたちは、なぜ大学入試に合格できるのだろうか?

 しかも、芸能人が進学する大学は、決して世にいう底辺校ばかりではない。慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにある総合政策学部と環境情報学部(以下、慶應SFC)、あるいは早稲田大学人間科学部eスクール(通信制/以下、早大eスクール)、そして明治大学などが、その代表例であろう。自ら公表しているケースもあれば、同級生らによって意に反してSNSなどに情報が流出してしまったケースもあるが、Sexy Zoneの菊池風磨や℃-uteの鈴木愛理、AKB48の竹内美宥などが慶應SFCに在籍中の模様。また、同学経済学部には、内部進学をしたAKB48の内山奈月が籍を置いているようだ。

 早大eスクールに在籍するといわれているのは、Hey! Say! JUMPの薮宏太。同学部は、KAT-TUNの中丸雄一が24歳にして入学し、5年かかって卒業したことでも知られる。山下智久やNEWSの小山慶一郎、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧、女優の北川景子、井上真央らも卒業した明治大学には、アイドルグループ9nineのメンバーにして女優の川島海荷が在籍しているという。

 さらに、Hey! Say! JUMP岡本圭人が上智大学国際教養学部、Sexy Zoneの中島健人が明治学院大学社会学部、AKB48の島田晴香が日本大学、Berryz工房の熊井友理奈が国士舘大学21世紀アジア学部、スマイレージの和田彩花が実践女子大学文学部に通うとされるなど、大学のランクにバラつきはあれど、枚挙にいとまがない。

 繰り返しになるが、末永く活動し得る俳優や女優と違い、アイドルは10~20代前半に商品価値のピークを迎える。ゆえに、かつては高校中退が最終学歴だというアイドルも珍しくなかった。もちろん、今もNEWSの手越祐也(早稲田大学)やNYCの中山優馬(駒澤大学)など中退者は出ているものの、その進学率は確実に上がっている。なぜ今、アイドルたちは貴重な旬の時期を使ってまで大学へ通おうとするのか? 本稿では、最近の大学入試事情を紐解きつつ、アイドルたちの大学進学事情を探ってみたい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー
    • 新紙幣【渋沢栄一】の功罪
    • 【薬物裁判】の戦い方
    • 駆け込み【薬物解毒病院】の実態
    • 【働き方改革】芸能事務所の本音
    • 【奈月セナ】タブーすぎるGカップ
    • 【名探偵コナン】のタブーとは?
    • 【平成とコナン】日本の写し鏡
    • ディズニーと【ダッフィー】の謎
    • 令和の【日本語ラップ】を考える
    • 【ブートクチュール】の最尖端
    • インスタグラム【パクリ暴露】アカ
    • 【女性皇族】結婚相手に求められる品格
    • 【愛子天皇陛下】実現の可能性は?
    • 格差を生む!?IOT時代の【電力問題】
    • 【エネルギー問題】を解決する施策
    • 【顔認証】で監視国家へ進む日本
    • 【スコアリング社会】のディストピア
    • なぜ【ショタコン女性】が増えているのか
    • 【ショタコンマンガ】傑作3選

「サイゾー」表紙の20年史

「サイゾー」表紙の20年史
    • 【祝20周年】橋本マナミも都丸紗也華も登場!

NEWS SOURCE

    • 【錦戸亮】退所?揺れるジャニーズ
    • 安倍政権の謀略戦で【立憲】窮地に!
    • エイベの恥さらし【AAA】暴行事件の遠因

インタビュー

    • 【山田佳奈実】ダンス極めし女優の野心
    • 【DJ松永】ラジオに救われた人気DJが自虐封印
    • 【ミヤギフトシ】気鋭美術作家の青春小説

連載

    • カバーガール/小倉優香
    • 【大間乃トーコ】Hカップの夢は保健の先生
    • 三代編集長で振り返る【サイゾー】の20年
    • 【ラウンドガール】圧巻の11人グラビア
    • 【珠緒】は冷たい芝生の上に
    • 【次のIT】とどう付き合うのか?
    • 【更科功】化石人類から見える人間の根源(前)
    • 高須基仁/【国への思いに右も左もない!
    • 【生殖器崇拝】と一般認識の深き溝
    • 中国イーコマース企業が作った【完全無人倉庫】
    • 【ニプシー・ハッスル】R&Bは絶滅へ向かう
    • 町山智浩/【アス】特権と罪悪感の恐怖を描くホラー
    • 日本経済【平成の失敗】と令和時代への教訓
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/サイゾーの成人式
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『82年生まれ、キム・ジヨン』日韓のフェミニズムの今
    • 【全身ラバー】女と出会いたい
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【大江戸ビール祭りの仕掛人】醸造に乗り出す!
    • 伊藤文學/【薔薇族】の女性読者たち
    • 幽霊、獣に成り果てたフレンズたち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』