サイゾーpremium  > 特集2  > 現役JDグラドル【小池里奈】が進学のホンネと現実
第1特集
アイドルはなぜ大学に進学するのか?【1】

【女子大生アイドル・小池里奈×アイドル研究家・境真良】アイドルが直面する進学のホンネと現実

+お気に入りに追加

――ここまでは、アイドルと大学に関して見てきたが、実際に現在、大学に通いながら芸能活動を続ける当の本人たちは、どのように考えているのか? ここでは、現役JDアイドルにそのホンネを聞きつつ、アイドル産業が拡大していく中で、その先にどういった出口を模索できるのかを、探っていこう。

1412_2toku_10.jpg
小池里奈氏。

 アイドルたちはなぜ「大学に行く」のか──? このほど、『アイドル国富論』(東洋経済)を上梓した境真良氏が、わずか9歳から芸能界に身を置き、チャイドルからグラドル・女優へと、活躍の場を広げる現役女子大生・小池里奈に鋭く迫る!!

 小池さんが通う亜細亜大学は、いわゆる”一芸入試”を早くから取り入れている大学ですよね。

小池 私は指定校推薦ですね。入学後は一芸入試の子と同じクラスに入っていますけど。もともと、高校が日本大学の付属校だったんで、最初はそのまま上がっちゃおうとも思ったんですけど、高校の先生から「これまでは少ししか授業に出られなくても出席にしてあげられたけど、大学はそんなに甘くないよ」って言われて。それなら、芸能活動にも理解があって、両立できる学校にしようかなと。

 実際に通って、両立はできてます?

小池 正直、去年はあんまり学校に行けなかったですね。私が入学するまでは仕事との両立をしながら通ってる芸能の子もわりと多かったんですけど、入学した次の年ぐらいから、なぜかすごく厳しくなっちゃって。一芸で入った子のなかには、途中で辞めちゃう子も結構います。

 それはおそらく、国の無粋な政策の影響もあるんじゃないかな。というのも、僕らのような教える側は、08年以降、「1タームに15回は絶対に講義をしなさい」っていうお達しを受けていて、それと同時に「6割以上出席しない学生には単位をあげるな」とも言われ、大学の学生管理が厳しくなった。それまでは15回のうち、だいたい2〜3回は休講になるのが当たり前だったのに、今はそういうことがどこの大学も一律にできなくなっているという実情があるわけです。

小池 そういう事情もあるんですね。ウチの大学も「一芸で入れるようにしている以上、大学側が責任を持って卒業させないと」っていう先生がいたかと思えば、「いやいや、入ったからには頑張るのは自分自身でしょ」っていう先生もいて、いろいろ意見が分かれているみたいです。

 ところで、指定校推薦なら、高校では勉強もしっかりやっていたんだね?

小池 人並みに(笑)。しかも、小学校のときからテスト前だけガッと勉強して、終わるとすぐに忘れちゃうタイプなんですよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ