サイゾーpremium  > 連載  > 過激なコラムニスト発掘!CYZO COLUMN CURATION  > 【西森路代】「永遠を願う女性ファン、悩むイケメン俳優」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で【9】

【西森路代】「永遠を願う女性ファン、悩むイケメン俳優」

+お気に入りに追加

――見られ・選ばれ・生きてゆく?“イケメン”から見える現代社会

1412_ccc_06.jpg
完全に定着したイケメン舞台から、どう旅立てばいいのか。

 最近ネットで、とある舞台の感想ブログを契機に、イケメン俳優と演技についてのトピックが話題になった。そこで気になったのは、イケメン俳優自身が「イケメンであること」を求められる芝居より、演技力を試される芝居に挑戦したいのでは? という仮説に対するファンの反応だ。ファンの中には、どんな芝居にも全力投球で、こちらの求める気持ちを受け止めるのがプロだと考える人も多いだろう。それには同意するが、今回は自分が当の俳優だと想像して書いてみたい。

 もし自分がアラサーのイケメン俳優で、ここ数年イケメンのアイドル性を特徴とした舞台に出ているとする。どんな役を与えられても全力で演じたいとは考えている。でも、自分が出ている舞台は、年齢や設定など役の性質上、いつまでも演じ続けられるものではない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載