サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「全摘」―お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"   > 【高須基仁】陰部の3Dデータなんてとっくにやってる!私はまだまだ戦う!
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」 No.28

陰部の3Dデータなんて何年前の話だ!? エロ、格闘技……私はまだ戦う!

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1409_takasu_01.jpg
私が2007年に2800円で販売した、某女優のアソコで型をとった「MANGOT」。もう時効だろう。デスマスクは型をとるとき呼吸の問題で苦労するものだが、これは楽にとれた。

 我々、ベビーブーマーは、定年退職という名のもと、ほとんどが第一線から消えた。残った人間は代表取締役になった人間、俗にいう「三等重役」である。私の知人でいえば、毎日新聞社社長の朝比奈豊、フジ・メディア・ホールディングス社長の太田英昭、クオラス社長の加藤雅己。テレビで活躍しているのは、テリー伊藤と小倉智昭。そんなやつらが残って活動している。ビートたけしは別格である。

 先日、長らく闘病していたストリップ劇場・浅草ロック座の齋藤千恵子会長の退院祝いに伺った。「高須くん、私の一代記は北野武さんに書いてもらうつもりだったけれど、あなたが書きなさい」と言う。理由を問うと、「もう北野さんは第一線にいる人ではないから」とのこと。齋藤会長は、常々「他人様に借金するくらいなら自分の裸で稼いだほうがいい。女は体を裸に、男は心を裸にして、あっけらかんとして生きなさい」と若いやつに説いてきた。「私は88歳の今も現役。高須くんも、そこまでできる? 現役とは全摘することよ」。老いてもなお車いすで闘っている姿を見て、私も気を引き締めた。

 世の中、黙っていればいい気になるやつが多すぎる! 2010年、私は全国各地の地下格闘技10数団体を集め、東陽町のホテルイースト21で「地下格闘技サミット」を開催した。一部、いがみ合っている団体があったため、和議の場にする目的もあったのだ。リングの上では喧嘩上等、試合が終わればノーサイドの精神を守り、それぞれの団体がそれぞれの名称とルールのもとでやればいい、それが地下格闘技である、というのが私の考えだ。

 しかし、そんな私の志が気に入らないのか、立ち上げ時には私の力を借りつつ、ちょっと成り上がると些末な理由をつけて私を外し、瓦解していく地下格闘技界のやつらをたくさん見てきた。自分たちだけで選手を抱え込もうという動きもあった。「井戸を掘った人の恩を忘れるな」という言葉を知らないのか?

 私が新格闘技団体「モッツ・ターミネーター」を旗揚げした際も「プログラムがない、HPがない、グッズがない」と揶揄するやつがいた。なぜ格闘技大会でグッズをつくらないといけないのか。どこを向いてやろうというのか。俺のルールで戦い、試合が終わればノーサイド。ただそれだけ。8月3日の旗揚げ大会も、ストレートな志で開催して、結果、超満員ですよ。

 私は他人の成功を心から喜び、自分は貧乏でも得たものはみんなで分け合おうという感覚があるが、それがない人間もいる。ねたみそねみは女の専売特許ではない。男の嫉妬は本当に怖い。

 エロについても同様のことが言える。陰部の3Dプリンタデータを配布して逮捕されたと大騒ぎしているやつがいるが、そんな回りくどいことをしなくても、立体物は私がとうの昔に販売している。デスマスクと同じ製法で型をとった「MANGOT」である。

 私がヘアヌードを世に出した当時は、それこそ逮捕される覚悟だった。物事をいちばん最初に起こすのは大変なことだ。しかし、今のエロは、すべて団塊世代が創り上げたものを繰り返しているだけ。なんのことはないのに、奇妙な反権威主義を付加して勘違いをしている。だからヘアヌード以上のものをつくれないのだ。

 こね回すな、ストレートにやれ! 私はストレートに、その先へ進む。ヘアヌードの先、それは陰部全開しかない。どのタイミングで陰部全開の写真集を出すか、私はまじめに考えています。それで逮捕されたら本望。

 エロの世界だけではない。世の中ああ言えばこう言う、回りくどいレトリック人間ばかり。最近は、元NHKアナウンサーの堀潤や、東大出身かと思ったら早稲田出身の単なる出たがり姜尚中ら、気に入らない。

 こね回していると、井戸を掘った人の心を忘れていく。創始者、創業者の心の9割は志。カネは1割程度しかない。だが、いつの間にかカネ、カネ、カネ。最たるものが毎日新聞社。カネのためには、創価学会の仕事にすらしがみつく。三等重役の朝比奈よ、恥ずかしくないのか。

 高齢者による復興ボランティア団体「福島原発行動隊」の呼びかけ人である山田恭暉氏が6月に亡くなった。私も協力を頼まれ承諾したが、会議をするといえば永田町、やがて「公益社団法人」の認定を受け、いつのまにやら権威になった。が、1回もガレキ撤去に行っていない。ただ、こね回しただけ。私は「そんなことよりも行動しろ、行くぞ」と言い続けた。

 65歳を過ぎても、私はまだ磨けば光る原石だとがんばっている。ジジイをなめんなよ!

【今月の懺悔】
先月紹介した、大学病院の腐敗ぶりを実名をばんばん出し告発した『慶應医学部の闇』(展望社)。現時点では動きはないが、やつらは名誉毀損で刑事告訴してくる可能性もある。そのときは緊急会見を開きます。

たかす・もとじ
90年代以降、出版プロデューサーとして、ヘアヌード写真集ブームを仕掛けたり、スキャンダルの渦中の人物に告白本を書かせたりするなど、ギョーカイの裏で暗躍。元学生闘士で、現在は多数の媒体で言論活動を展開している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ