サイゾーpremium  > 連載  > 友達リクエストの時代  > 【連載】小田嶋隆の「友達リクエストの時代」
連載
友達リクエストの時代【第16回】

「友だち」のいない場所にありのままの自分もまたいない

+お気に入りに追加

SNS隆盛の昨今、「承認」や「リクエスト」なるメールを経て、我々はたやすくつながるようになった。だが、ちょっと待て。それってホントの友だちか? ネットワーク時代に問う、有厚無厚な人間関係――。

1403_tomodachi.jpg
『大人も知らない「本当の友だち」のつくり方』(講談社)

 友だちがいることのありがたさは、友だちと一緒だと精神が解放されることだ。

 別の言い方をすると、社会の中で生きている人間は、友だちとワンセットで行動することによって、初めて「自分」という個性を十全に発揮できるわけだ。

 ということはつまり、逆方向からもう一度別の言い方で言い直すと、友だちのいない場所に放り込まれると、私たちは、往々にして、自然な、いつも通りの、ありのままの自分を見失ってしまうのである。

 このことを初めて思い知らされたのは、小学校6年生になって、英語塾に通い始めた時のことだった。

 私は、自宅から都電に乗って20分ほど離れた町にある、その道ではちょっと有名な塾の、中学1年生のクラスに編入した。ほかの子どもたちよりも1年早く英語を学ぶことによって、有利な条件で中学校生活をスタートせんと画策したわけで、してみると、私の母は、記憶の中にある姿よりはずっと教育熱心だったのだろう。あるいは、私自身が、自分で考えているより勉強家だったということなのかもしれない。

 さて、初めての授業の最初の挨拶の後、私は、突然、全員の前で自己紹介を求められた。

「この子はタカシ君です。はい。自己紹介して」

 と促された時、私は、普段の私でなくなっていた。

 それというのも、その塾の「先生」は、私の母の従姉妹に当たる人で、私は、「先生の親戚の子」という、特別扱いから出発せねばならなかったからだ。

 その時まで、私は、どんな局面であれ、「アガる」という精神状態を経験したことのない子どもだった。生徒会の役職に就いていた関係で、運動会のような機会に、全校生徒が校歌を斉唱する時には、指揮棒を持たされることもあったのだが、そういう場面でも、私は、毛ほども緊張しなかった。

 音楽が得意だったから指揮を任されたのではない。私は、教師に度胸の良い子どもだと思われていて、その人前で物怖じしない性質を重宝がられるカタチで、さまざまな挨拶や先導役を任じられていたのだ。

 もしかすると、私は、若干、嫌な野郎だったのかもしれない。その可能性はある。でなくても、私は、いつでも自信満々な、自分大好きの、小柄なジャイアンみたいな子どもだった。

 ところが、その、物怖じしないはずの私の口から、なんと、言葉が出てこないのである。

「あれ? おかしいぞ」

 と思っているうちに、焦りと緊張が込み上げてくる。顔が赤くなってくるのが自分でもわかる。私の顔を見つめている塾の生徒たちは、誰もが、近所の同じ中学校に通っている顔見知りで、始めから完全にリラックスしている。私だけが、離れた町からやってきた異分子で、しかも、一つ年下の小学生だ……。

 結局、名前を言っただけで、挨拶は打ち切りになって、以来、私は、引っ込み思案な子どもとして、その塾では、「お客さん」扱いの存在になった。

 最初の「赤くなって黙り込んでしまった」印象が、その塾での私の役柄を決定してしまったのだと思う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』