サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 日本映画再生への熱き男たちの提言

――収益は悪くないものの、勝ち組・負け組の二分化が進み、いまいち全体が盛り上がっている感じはしない映画業界。日本映画界を今一度盛り上げるには何が必要なのか? 映画を愛する人物たちが、日本の映画界をおもしろくするのに必要なことを考える。

1403_wide_01.jpg
(絵/小笠原 徹)

 女のような映画が、かつてはゴロゴロしていた。そんな映画と出会ってしまったばっかりに人生を誤ってしまった人も少なくないはずだ。いや、最近の作品でも園子温監督の『冷たい熱帯魚』(10年)や三池崇史監督の『悪の教典』(12年)は十分すぎるほどヤバかった。だが、観た者の人生観を揺さぶるような強烈な邦画はすっかり減ってしまったのではないか。

 1月28日、日本映画製作者連盟が2013年の映画興行概況を発表した。洋画・邦画を合わせた年間興収は1942億円、興収1位は東宝配給・宮崎駿監督の『風立ちぬ』の120億円。5年ぶりに100億円を超えるメガヒット作が生まれたこと、年間興収が前年比0.5%減とほぼ前年並みだったことを好意的に報じるメディアが多かった。だが、もしも宮崎監督が引退を表明した『風立ちぬ』がなければ、1800億円台前半にまで大きく割れ込んでいたことになる。日本映画界は01年以降は年間興収2000億円前後をキープし、1800億円代にまで落ち込んだのは、大震災の影響で上映自粛が続いた11年だけ。宮崎監督のラストメッセージによって、13年の日本映画界は体裁を保った格好だ。

 邦画の興収トップ10のうち、アニメ作品は6本を占め、『風立ちぬ』のほかは、『ONE PIECE』『映画ドラえもん』『名探偵コナン』などの人気アニメシリーズが並んだ。同トップ10のうち7本は東宝配給という東宝の1社勝ち状態はもはやおなじみの風景だが、邦画の実写1位もやはり東宝配給・人気テレビドラマ『ガリレオ』シリーズの劇場版『真夏の方程式』33億円という結果はなんとも物足りなさを感じさせる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那