サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 日本映画再生への熱き男たちの提言

――収益は悪くないものの、勝ち組・負け組の二分化が進み、いまいち全体が盛り上がっている感じはしない映画業界。日本映画界を今一度盛り上げるには何が必要なのか? 映画を愛する人物たちが、日本の映画界をおもしろくするのに必要なことを考える。

1403_wide_01.jpg
(絵/小笠原 徹)

 女のような映画が、かつてはゴロゴロしていた。そんな映画と出会ってしまったばっかりに人生を誤ってしまった人も少なくないはずだ。いや、最近の作品でも園子温監督の『冷たい熱帯魚』(10年)や三池崇史監督の『悪の教典』(12年)は十分すぎるほどヤバかった。だが、観た者の人生観を揺さぶるような強烈な邦画はすっかり減ってしまったのではないか。

 1月28日、日本映画製作者連盟が2013年の映画興行概況を発表した。洋画・邦画を合わせた年間興収は1942億円、興収1位は東宝配給・宮崎駿監督の『風立ちぬ』の120億円。5年ぶりに100億円を超えるメガヒット作が生まれたこと、年間興収が前年比0.5%減とほぼ前年並みだったことを好意的に報じるメディアが多かった。だが、もしも宮崎監督が引退を表明した『風立ちぬ』がなければ、1800億円台前半にまで大きく割れ込んでいたことになる。日本映画界は01年以降は年間興収2000億円前後をキープし、1800億円代にまで落ち込んだのは、大震災の影響で上映自粛が続いた11年だけ。宮崎監督のラストメッセージによって、13年の日本映画界は体裁を保った格好だ。

 邦画の興収トップ10のうち、アニメ作品は6本を占め、『風立ちぬ』のほかは、『ONE PIECE』『映画ドラえもん』『名探偵コナン』などの人気アニメシリーズが並んだ。同トップ10のうち7本は東宝配給という東宝の1社勝ち状態はもはやおなじみの風景だが、邦画の実写1位もやはり東宝配給・人気テレビドラマ『ガリレオ』シリーズの劇場版『真夏の方程式』33億円という結果はなんとも物足りなさを感じさせる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』