サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【大高宏雄】風通しの悪い映画の流通事情を変える勇気を!

1403_wide_05.jpg
大高宏雄(おおたか・ひろお)
1954年、静岡県生まれ。映画ジャーナリスト。キネマ旬報で「大高宏雄のファイト・シネクラブ」、毎日新聞で「チャートの裏側」などを連載中。主な著書に『映画業界最前線物語』(愛育社)、『仁義なき映画列伝』(鹿砦社)ほか。

1403_wide_02.jpg
(絵/小笠原 徹)

 日本映画界の配給・興行について私見を述べたいと思います。今の日本映画界は東宝1社のみが多くのヒット作を生み、残されたパイを他の映画会社や配給会社が奪い合っているいびつな構図になっている。これでは決して全体のパイは広がっていかず、縮小していくだけです。この状況を打破するには、とにかく東宝以外の会社が企画力、宣伝力を高めてヒットを生み出すこと。ほかの会社に力がついていけば、状況は変わっていくものです。

 昨年でいえばギャガ配給の『そして父になる』は、ベストセラー小説が原作でもなくテレビドラマの劇場版でもなかった。福山雅治主演で、フジテレビが幹事会社ですが、ギャガと是枝裕和監督は前作の『奇跡』(11年)から組んでおり、ギャガの製作ノウハウが活かされた位置付けにある作品です。興収32億円と、昨年の実写映画では上位の結果を残しました。是枝監督の実績、テーマ性、カンヌ映画祭での受賞効果があってのヒットですが、こういう企画に他社も取り組んでいくことが必要です。

 ギャガと共に注目しているのは、企画力のあるアスミック・エース。『ヘルタースケルター』(12年)をヒットさせた手腕をさらに活かしてほしい。ただ、東宝との共同配給が最近は増えており、そこに頼ると会社としての本当の力がつかない。単独配給でのヒットをぜひ目指してほしい。テレビ局映画にも同じことがいえます。テレビ局映画が日本映画界の核にある現状は現状として、そこに頼らずにヒットを生み出すノウハウを映画会社は編み出さなくてはいけません。テレビ局におんぶにだっこでは、力は衰えていくだけです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』