サイゾーpremium  > 特集  > 宗教  > 三大宗教の【性をめぐるタブー】
第1特集
同性愛をめぐる三大宗教の危険な構造【2】

仏教の僧侶は、女性と目を合わせるのもダメ! 三大宗教の性をめぐるタブー

+お気に入りに追加

──三大宗教の同性愛に対する考え方を理解するためには、そもそも性愛をどうとらえているのか知る必要があるだろう。そこで、性に関する禁忌を宗教ごとにまとめてみた。

1401_homo_4.jpg
(c) Irish College

●避妊禁止でエイズが蔓延!?
キリスト教

[始祖]イエス・キリスト
[聖典]旧約聖書、新約聖書
[信徒数]約22億人
[教派]カトリック(10.8億人)、プロテスタント(3.5億人)、東方正教会(2.2億人)、英国教会(0.8億人)など
[地域別の信徒割合]ヨーロッパ75%、アフリカ38%、アジア9%、オセアニア70%、北アメリカ48%、ラテンアメリカ97%

[性のタブー]男女の性は子どもを産むために神から与えられたもので、生殖の目的以外で乱用すべきではないという考え方を基本とするカトリックでは、原則的に同性愛も中絶も避妊も禁止。オナニーさえ悪徳である。また、カトリックの聖職者は独身でなければならず、女性は聖職者になれない。今のカトリック信者は少なからず中絶も避妊もしているが、バチカンの公式表明ではいずれも禁止。こうした性の禁忌が、信者が多いアフリカの一部でエイズ対策を遅らせているという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載